いらないものを売ってみる

いらないものを売ってみる

山あり海あり川あり!福島県の郷土料理をご紹介!

福島県にはいくつか紹介したいおすすめの郷土料理が存在するので、それぞれの特徴を理解して自分の口に合いそうなものを食べてみると良いでしょう。福島県の郷土料理の一つ目はこづゆです。こづゆは農林水産省が選定した”農山漁村の郷土料理百選”にも選ばれたことがあるという有名な食べ物です。ホタテの貝柱からとっただしを使用して、しいたけ・にんじん・里芋・豆麩・糸こんにゃく・きくらげなどといった具材を使用して煮たお吸い物の一種となっています。味付けは薄味を基本としており、福島県の伝統的な工芸品として知られている会津塗りで作られたお椀を使用して食べる料理です。たくさんの食材を贅沢に使用されて盛られた料理となっていますが、何杯でもおかわりをしても良いという風習があり、そのことは会津人によるもてなしの精神がしっかりと反映されていると言えます。会津藩におけるご馳走として誕生したこづゆは、昔から現在に至るまでずっと親しまれ続けています。冠婚葬祭や正月など、祝いの席や特別な日などに作られるもてなしの料理として人気です。具がたくさん入っているということが大きな特徴ですが、その具材の数は奇数が良いとされています。それは奇数が縁起の良い数字と考えられているためです。朱塗りがされたお椀に盛り付けをすることで、上品さを演出しつつ高級感も出てきます。美味しそうに見える見た目は、たくさんの人の食欲をそそることでしょう。

福島県のおすすめする郷土料理の二つ目はどぶ汁です。どぶ汁は、福島県の南部から茨城県の沿岸部を中心として伝わっている料理です。これはあんこう鍋の元祖としても考えられています。名産として食されていたあんこうを漁師が船の上で食べたことがきっかけとなったものです。あんこう鍋と大きく違う点は、水を使用しないということです。あん肝を火であぶって水分がなくなるまで煮詰めた鍋にあんこうや野菜を投入していきます。しばらく火にかけていくとあんこうの身や野菜から水分が出てくるので、それに味噌を加えて味を調整していきます。味だけでなく栄養もしっかりと凝縮されたあんこうがとろけていくということが最大の魅力です。どぶ汁という個性的で独特な名前は、すべてという意味を持つ”どぶ”からとっているという説や、どぶろくと色が類似しているからという説などいくつか考えられるものがあります。作り方には押さえておきたいコツが必要となってくるため、家庭で作られるということはほとんどありません。本来の味が備わっているどぶ汁を堪能することができる場所は、県内の南に位置する一部の地域となっています。伝統的な料理でありながら、その味を楽しむということはなかなか難しく希少性の高い一品と言えるでしょう。

福島県のおすすめする郷土料理の三つ目はにしんの山椒漬けです。にしんの山椒漬けは、身欠きにしんを使用して交互になるように山椒の葉と重ねていくようにして作ります。醤油や砂糖、お酢などから作られたたれに漬け込んだ料理です。身欠きにしんはにしんを干したもののことを言い、にしんの頭や内臓などを取り除き背肉にあたる部分のみを乾燥させて作られています。長い間保存することが可能となっており、冷蔵庫が発明される以前の内陸部にある会津地方で食されていました。山椒の葉を使用することで身欠きにしんを腐敗から守るということに加え、生臭さを消したり香り付けをしたりするのに役立っています。使用するたれは基本的には醤油・みりん・酒・砂糖・お酢などを用いていますが、配合量は地域や家庭などによって変わってきます。漬け込む際に必要とする期間は、数日から2~3週間など様々です。