お役立ち情報.com
イベント情報・花の見頃と開花状況・節約・転職・アルバイト・ダイエット・お土産等  お得情報発信サイトです。
アルバイト

アパレルのアルバイトは体力仕事?きつい事とメリットをご紹介

おしゃれや洋服が好きな人なら、アパレルでアルバイトをしてみたいと思ったことがあるのではないでしょうか?

 

おしゃれで好きなブランドの服を着こなす店員の方を見ていると、自分もあんな風に働いてみたいと憧れますよね。

 

私もアパレルに憧れて一度アルバイトをしてみたのですが、実際に働いてみてわかったことはかなりの体力仕事であるということです。

 

意外だと思われる方もたくさんいらっしゃると思いますが、アパレルでのアルバイトを初めたての頃はむくみや筋肉痛との戦いでした

 

今回は、アパレルのお仕事が体力仕事である理由について業務内容とともに書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

アパレルのアルバイトは体力仕事!仕事内容について

私たちが服を買いに洋服屋へ行くと、ショップ店員の方が話しかけてくることがよくありますよね。

 

ショップ店員の方には大抵ノルマが課されているので、接客をしないわけにもいきません。

 

ユニクロやギャップのように接客を行っていないブランドもありますが、百貨店や商業施設に入っているような比較的店舗面積の狭い店舗のショップ店員は接客を行います。

 

お客様の立場である私たちから見ると、アパレルの仕事は接客かな?と思いがちですよね。

しかし、いつもお客様がお店の中にいて、店員の方もお客様としゃべっているわけでもありません

 

お客様がいない間は、ショップ店員の方は次のようなお仕事をしています。

  • お店のレイアウト替え
  • 洋服をたたむ・洋服を在庫から表に出す
  • マネキンの着せ替え
  • 店舗の在庫管理・発注業務
  • 清掃
  • 売上・現金管理

実はアパレルで働くショップ店員の方は接客以外に何をしているのかというと、これだけのお仕事をされているんですね。

レイアウト替え、品出し等、意外にも体力仕事だと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

他にも、お店によっては会議を頻繁に行っていたり、コーディネートの勉強を勤務中に行っていたりするところもあります。

スポンサーリンク

慣れるまでは体力的にきつい?特にきついと思ったところ

以前ショップ店員として働き始めた数日間は、予想もしていなかった筋肉痛に見舞われました。

筋肉痛やむくみの症状が出やすいところについてご紹介していきます。

ふくらはぎ

私がアパレルの仕事をやってみて一番きついと感じたところは足、特にふくらはぎでした。

これはレディースファッションに限ったことなのですが、ヒールの高い靴で一日7時間ほど立ちっぱなしだと、勤務が終わるころにはふくらはぎがむくんでぱんぱんになってしまうのです。

 

しかも、ヒールを履きながら重たいマネキンを移動させたり掃除をしたりするので余計に疲れを感じます。

 

高いヒールの靴を履かなければならないテイストのショップスタッフとして働くなら、足の疲れはずっとついてくるものと認識しておいたほうが良いかもしれません。

 

ちなみに、カジュアルファッションで働いていた時にスニーカーで勤務していたのですが、ヒールで勤務していたころと比べるとずいぶん楽でした。

「なんで腕なの?」と思われたかもしれませんが、ショップスタッフは腕を使っている時間が長いからです。

 

お店に並んでいる洋服は、常にきれいにたたまれていて見た目が良くなければお客様の購買意欲も下がってしまいます。

 

その為、常にどの服も綺麗にたたまれている状態にそろえなければならないのですが、この「たたむ」という作業を、一日を通してかなりの回数を行うことになります

 

平日と比べると店舗に来店する人の数の多い土日祝日は、服をたたんでばかりです。

綺麗な状態を保とうと、たたむ作業を繰り返していると以外にも腕への負担は増えてきてしまうんですよね。

 

慌ただしさのあまり勤務中はそれほど感じていなくても、帰宅してから「なんか腕、だるいな…」と感じることがよくありました。

 

また、冬になるとコートのような重たい洋服が増えますよね。

重たい洋服を持ちながら店内とバックヤードを何度も行き来していても、気が付くと腕には結構負担がかかっています。

 

このような作業が多い為、意外にも腕がきついと感じてしまうのです。

スポンサーリンク

デメリットばかりではない!アパレルのアルバイトのメリット

ここまで記事を読んでいただくと、アパレルのお仕事ってきついこと・デメリットばかりなのかなと思われたかもしれませんが、アパレルのお仕事は嬉しいこと、働いていて良かったと思うこともたくさんあります

 

主に、次のようなことが挙げられます。

  • 好きなブランドの服を社員割引で買える場合が多い
  • ファッショントレンドに詳しくなれる
  • 接客・販売・売り場ディスプレイの知識がつく

まず、お店の服を宣伝のために着なければいけない店舗がほとんどであることは誰もが知っていると思います。

 

ショップ店員は、自分が勤めているブランドの服を着なければいけません。

 

ただ、着なければいけないのに通常の販売価格で買わされても、なんだか納得いかない気がしませんか

 

定価で買っていてはお金がいくらあっても足りなくなってしまいそうですよね。

多くのブランドが、自社製品を割引価格で買うことができるようにしています

 

20%~50%の割引価格で買えることが多いようですが、中には70%割引で買えるというブランドもあるみたいですよ!

 

他にも、アパレルでお仕事をしていると最新のファッショントレンドに詳しくなれたり、接客・販売・ディスプレイの知識も付いてきたりと自分のためになることがたくさんあります

スポンサーリンク

最後に

アパレルのお仕事は体力仕事、力仕事が多くて体力に自信がない方には向いていないかもしれません。

 

ただ、体力がそれほどなくても諦める必要はありません。

 

なぜかというと、体力仕事はある程度経験を積むと慣れてくるからです。

しかも、体力や力を使う仕事に関しては、「どうやったら疲れにくいか、だるくなりにくいか」といったことを考えて働けば、工夫次第で疲れを軽減することもできます

 

自分は体力がないから向いていないかもと求人への応募をあきらめずに、やってみたいと思ったらぜひ応募してみてくださいね。

 

きついと感じるかもしれませんが、働き続けていると「やっていてよかった!」と思える日が来ると思います。