アルバイト

飲食と中食の仕事内容の違いとは?仕事内容の違いについて

飲食店でアルバイトを知っている人の応募理由は、接客がしたいから、調理がしたいから、他に接客も調理もどっちもしたいからという方が多いですよね。

 

ちなみに飲食店でのアルバイトといっても、「外食」に分類されるお店と、「中食」に分類されるお店によって仕事内容に一部違いがあるのはご存知でしょうか?

 

「中食」について少しでも知っている方は想像がつくかと思うのですが、一度も中食という言葉を聞いたことがない、知らないといった方は、仕事内容が異なるということを知らなくて当然だと思います。

 

今回は外食と中食によって仕事内容はどう違うのかに焦点を当てて、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「中食」とはどのようなお店か

「中食って何?」と思われる方は、正直多いと思います。

 

就職活動をしたことがある方や、飲食業界に興味がある方なら知っているかもしれませんが、普段あまり耳にする言葉ではないですよね。

 

「中食」というのは、一言でいうと「テイクアウト」のことです。

(ちなみに、飲食は「テイクイン」です。)

 

つまり、持ち帰りができる(または、持ち帰りのみの)食べ物を販売しているお店ということです。

 

例えば、お弁当屋さんや持ち帰り総菜店が中食に当たります。

お店だと、オリジン弁当やほっともっとが有名ですね。

 

中食は「持ち帰り専門」というわけではないので、店内でも食事ができるイートインスペースを設けているお店もあります

 

中食って言葉を聞いたら、「持ち帰り販売がメインのお店なんだな!」と思ってください。

飲食と中食の仕事内容の違いについて

飲食も中食も調理をする厨房でのお仕事に差はありません。

厨房でのお仕事以外の業務に違いがあります

それでは、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

飲食にはあるが中食にはない仕事

実は、飲食にあって中食にはないお仕事があります。

それは、「ホールのお仕事」です。

 

食べるスペースのない中食では、お客様の注文はレジで伺うため、飲食店の「ホール」のお仕事というのがありません。

 

中食でレジを担当する人は、厨房でも調理をしています。レジだけでカウンターに立ちっぱなしというのは、まずありません。

 

なので、「調理はしたくないけれども、接客とレジだけでがしたい!」という方は、テイクインである「飲食店」に応募をする必要があります

中食にはあるが飲食にはない仕事

一方、中食にあって飲食にないお仕事もあります。

それは、お客様の指定の場所に品物を届けるお仕事です。

 

テイクアウトだから、お客様がお店に来てそのまま買って帰るんじゃないの?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

実は中食でよくある出来事の中に、「持って帰ったら商品が違っていた」や、「商品が焦げている」、「商品に髪の毛が入っている」といった出来事があります。

 

あってはならないことなのですが、どれだけ注意をしていてもゼロにすることは難しい出来事です。

このような出来事は、お店の過失なのでお客様に新しい商品を作って届けに行く必要があります

 

また他にも、本来渡すべき商品を違うお客様に渡してしまうという出来事もあります。

どういうことかというと、Aという商品を注文したB様にお渡ししなければいけないにも関わらず、誤ってCさんが受け取って持って帰ってしまったというケースです。

 

そんなことあるの?と思われがちですが、意外とよく発生するものなのです。

 

この場合、BさんからもCさんからも「注文した商品と違うから取り換えてほしい」といったお申し出を受けることになります。

運よく、BさんかCさんのどちらかが途中で気が付いてくれれば、商品を届けに行くのはどちらかのお客様だけということになるのですが、誰も気が付かなければBさんとCさんのどちらにも商品を届けなければいけません。

 

持ち帰りではない飲食店にはこのようなお仕事はありませんが、中食だとこのようなお仕事もあるということを覚えておいてくださいね。

最後に

実は、飲食店でもお持ち帰りも提供しているレストランやチェーン店もあります。

例えば、ガストやすき家が当てはまります。

これらのお店は、テイクインもテイクアウトもどちらもできるお店です。

 

このような形態をとっているお店は、今回ご紹介した飲食にはないお仕事と中食にはないお仕事のどちらもする必要があります。

 

どちらもチャレンジしてみたいという方はテイクインとテイクアウトの両方をやっているお店を選ぶことをお勧めしますが、業務内容が多い分ハードルは高くなります。

 

ただ、テイクインもテイクアウトもどちらもやっているお店では、テイクアウト担当が決まっている場合が多いです

その為、お客様のところに商品を届けるお仕事はテイクアウト担当の方のみしか行わない場合もあります。

応募する前や面接の中で、どのような業務の振り分け方をしているのかは確認するようにしましょう。

 

商品を届けなければいけない中食のお仕事って大変だなと思われた方もいらっしゃると思いますが、飲食のお仕事も、テイクインとテイクアウトの両方をやっているお店も同じように大変です。

 

飲食はお客様にご迷惑をかけてしまった場合は、その場で対処して解決する必要がありますし、テイクインとテイクアウトの両方をやっているお店は配達も、その場でのクレーム対応もどちらもやらなければなりません。

 

どの仕事も決して楽ではありません。

 

自分が中食、飲食、両方を行っているお店のどの働き方が合っているを考えて、合っていると思われた形態のお店に応募をしてくださいね。