お役立ち情報.com
イベント情報・花の見頃と開花状況・節約・転職・アルバイト・ダイエット・お土産等  お得情報発信サイトです。
糖質制限

ダイエット中に食べたい糖質控えめなお菓子3選

本日はダイエット中にお菓子が食べたくなった時に選んでいただきたいお菓子を3つ紹介したいと思います。

 

以前もダイエット中に食べてもよい間食、お菓子について紹介させていただきましたが、

今回紹介するのはどちらかというと原材料のみのシンプルな食材ではなく、お菓子って感じのものです。

 

ちなみに私も実際にダイエット中に食べていました。

特に体重増加につながらなかったもの、むくまなかったおすすめのお菓子をご紹介します。

 

どれもコンビニやドラッグストアで買うことができます。

スポンサーリンク

ソイジョイ

コンビニでもドラッグストアでも手に入る、大豆がたっぷり使われているバーです。

 

ソイジョイの魅力はなんといっても種類が多いこと!

しかも、どのフレーバーも糖質が10g前後なのでダイエット中でもおすすめです。

 

しっとりしたタイプのものとサクサクしたクリスピータイプがあり、

どちらも糖質が少なめで、おやつや空腹対策の間食にはもってこいです。

 

中でも糖質が特に気になるという方に、ぜひ選んでいただきたいフレーバーを3つご紹介します。

 

一つ目は「ピーナッツ」、2つ目は「アーモンド&チョコレート」、

そして3つ目がクリスピータイプの「ホワイトマカデミア」です。

 

中でも「ホワイトマカデミア」は糖質がたったの5.9gで、ソイジョイの中でも最も糖質が低い商品です。

 

ナッツ系のフレーバーは果物系のフレーバーと比べると、糖質が10gを切っているので

糖質を少しでも抑えたいという方は、ナッツ系のフレーバーを選んでくださいね。

 

ソイジョイは味が何種類もあるので、毎日同じ味のものだと飽きてしまうという方にもぴったりです。

 

全商品GI値が低くて血糖値の上がり方も緩やかなので、

ダイエットをしていても安心して食べられるお菓子です。

 

スポンサーリンク

カカオ’s

72パーセントの高カカオが使われているチョコレートのクランチバーです。

「ココナッツ」、「果実香るMIXベリー」、「深さと旨みのグラノーラ」の全部で3種類です。

 

硬めで歯ごたえがある上に満足感まで得られるので、個人的にはダイエット中に食べたいお菓子ナンバー1です!

 

こちらも糖質が10g前後と、ダイエット中でも気にならないほどの糖質量です。

特に嬉しいのが、ダイエット中に不足しがちな鉄分が含まれていることです!

 

また、活性酸素の働きを抑えるカカオポリフェノールも含まれているので、

美容を気にされている方にも食べていただきたい商品です

 

あまり売っているドラッグストアは見かけませんが、通販だと3種類よりどり18本以上で送料540円が値引きとなるので、

近くのお店で見たことがないという方は、通販で購入してみてください。

 

スポンサーリンク

SUNAOビスケット

発酵バター、宇治抹茶、チョコチップの3種類があり、糖質10g未満と控えめな糖質量が魅力です。

 

食物繊維がたくさん入っているので血糖値も上がりにくいのかなと予想はされますが、

特に血糖値の上がりやすさは記載されてはいないので、

気になる方は食べる前に牛乳、豆乳、野菜ジュースを飲んだほうが良いと思います。

 

個人的には発酵バター味が、濃厚で一番美味しかったです。

 

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

 

お菓子はダイエット中は避けた方が良いイメージですが、

糖質が控えめなお菓子なら、罪悪感なく楽しめるのではないでしょうか。

 

口寂しくてどうしてもお菓子が食べたくなったときは、

砂糖がたっぷり入ったお菓子を選ばずに、糖質量をチェックして糖質が控えめなものを選んでみてください。

 

今回紹介したお菓子は私がダイエット中に食べていたものですが、

食べていてもしっかり体重は落とすことができました!

 

是非、お菓子が食べたくなってしまったときは試してみてくださいね!