エンタメ

ドラマアカデミー賞2019(102回)結果速報|作品・男優・女優も

2019年11月20日に第102回ドラマアカデミー賞が決定しますね!

ドラマアカデミー賞2019(102回)の以下の賞について結果速報を行いたいと思います。

  • 最優秀作品賞
  • 主演男優賞
  • 主演女優賞
  • 助演男優賞
  • 助演女優賞
  • ドラマソング賞
  • 監督賞
  • 脚本賞

それでは、本題に行きましょう。

ドラマアカデミー賞2019(102回)結果速報

ドラマアカデミー賞の結果速報の前に、ドラマアカデミー賞とは何なのかを簡単に紹介します。

ドラマアカデミー賞とは、放送された地上波の連続ドラマを対象に、賞別にナンバーワンが決められる毎年1回行われるイベントです。

1994年から始まった歴史のある授賞イベントなのです。

審査員には、読者やテレビの記者が含まれます。

賞は全部で、最優秀作品賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、ドラマソング賞、監督賞、脚本賞、ザテレビジョン賞の9つあります。

ドラマアカデミー賞2019(102回)最優秀作品賞

ドラマアカデミー賞2019(102回)の最優秀作品賞の結果速報については、結果がわかり次第更新させていただきます。

ちなみに、歴代過去2年分の最優秀作品賞を受賞した作品はというと、「きのう何食べた?」、「3年A組」です。

ドラマアカデミー賞2019(102回)主演男優賞

ドラマアカデミー賞2019(102回)の主演男優賞の結果速報については、結果がわかり次第更新させていただきます。

過去2回分の主演男優賞はというと、「内野聖陽」、「菅田将暉」が受賞されています。

ドラマアカデミー賞2019(102回)主演女優賞

ドラマアカデミー賞2019(102回)の主演女優賞の結果速報については、結果がわかり次第更新させていただきます。

過去2回分の主演女優賞の結果はというと、「吉高由里子」、「深田恭子」が主演女優賞を受賞されています。

ドラマアカデミー賞2019(102回)助演男優賞・助演女優賞

ドラマアカデミー賞2019(102回)の助演男優賞と助演女優賞の結果速報については、結果がわかり次第更新させていただきます。

今しばらくお待ちください。

ドラマアカデミー賞2019(102回)ドラマソング賞

最優秀ドラマソング賞を受賞したのは、米津玄師さんです。

「ノーサイド・ゲーム」の主題歌として書き下ろされた「馬と鹿」

で受賞が決定しました!

米津玄師さんといえば、手掛けた作品のパプリカも有名ですね。

米津玄師さんはコメントで以下のように発表されています。

「とても光栄です。素晴らしいドラマがあってこその受賞だと思うので、審査してくださった方々並びにドラマの制作スタッフの方々にも感謝の気持ちを伝えたいです」

引用:音楽ナタリー

ちなみに、2019年11月20日に発売される「ザテレビジョン」でもドラマアカデミー賞2019に対して米津玄師さんがコメントされているようです!

こちらも見逃せないですね!

ドラマアカデミー賞2019(102回)監督賞

ドラマアカデミー賞2019(102回)の監督賞の結果速報については、結果がわかり次第更新させていただきます。

ドラマアカデミー賞2019(102回)脚本賞

ドラマアカデミー賞2019(102回)の脚本賞の結果速報については、結果がわかり次第更新させていただきます。

ドラマアカデミー賞2019(102回)ザテレビジョン賞

ドラマアカデミー賞2019(102回)のザテレビジョン賞の結果速報については、結果がわかり次第更新させていただきますので楽しみにしておいてくださいね。

まとめ

ドラマアカデミー賞2019(102回)結果速報!男優・女優・監督もということでお送りいたしましたがいかがでしたでしょうか?

1994年から始まった歴史のある授賞アワード。

最優秀作品賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、ドラマソング賞、監督賞、脚本賞、ザテレビジョン賞の9つの分野から、その分野のナンバーワンが決定します。

毎年誰が受賞するのかに注目が集まっていますが、今年は特に米津玄師が「第102回ドラマアカデミー賞」において最優秀ドラマソング賞を受賞したことで話題となっていますね。

「ノーサイド・ゲーム」の主題歌として書き下ろされた「馬と鹿」

で受賞されたようですが、米津玄師が手掛けたパプリカも有名ですもんね。

今後の活躍にも大注目です。

それでは、今回は以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。