アルバイト

人見知りは接客バイトで克服できる!?辛い・できない場合の対策

「人見知りですが、接客のアルバイトに憧れていてこちらのアルバイトに応募しました。接客のアルバイトを通して人見知りを克服したいんです。

 

私がアルバイトの面接を行っていた時に、面接に来てくださったある方が面接中におっしゃっていた一言です。

 

人見知りをしてしまう性格をアルバイトを通して克服したい……

そのように考える方は、この方だけではないと思います。

 

実際、接客のお仕事を通して人見知りを克服することができたら、自信につながる上にとても嬉しいですよね。

 

ところが、「接客のアルバイトを通して人見知りを克服することなんてできるの?」、「むしろ、人見知りにとって接客はつらいと思う。」と考えてしまう方もいますよね。

 

「性格を変える」ということは誰でもそう簡単にできることではないので、そのような疑問を持つことは無理のないことだと思います。

 

ですが接客アルバイトを通して人見知り、つまり、「人と話すことへの苦手意識を減らすこと」は誰もができないことではありません。

 

というわけで今回は、接客のアルバイトで人見知りを克服できないんじゃないかな?辛いんじゃないかな?と思っている方にこそ読んでいただきたい、「接客のアルバイトで人見知りは克服できるのかどうか」について述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

人見知りは接客バイトで克服できる?

結論から言うと、接客のアルバイトで人見知りを克服することはできます

 

私自身、接客のアルバイトを通して人見知りを克服することができましたし、私が採用した方たちの中にも、人見知りを克服できた人はたくさんいました。

 

私が採用してきた方の中で、自分が人見知りであることを悩んでいる方というのは何人かいました。その多くが、働いたことのない高校生や大学生の方でした。

 

初めの頃は緊張しながら接客をしている様子だったのですが、早い方だと2~3ヶ月、半年ぐらいたつと楽しそうにお客様と話せるようになっていました。

 

「最初私と会った時、人見知りだって言ってたけど最近どう?お客様と話すとき緊張してない⁇」と聞いてみたところ、次のような答えが返ってきました。

 

接客のアルバイトを始めてから、気が付かないうちに自分が人見知りだと思わなくなった。

前よりも人と話すことが楽しくなったような気がする!

 

人見知りを克服するまでにかかる時間は個人差があることが分かりましたが、接客のアルバイトを通して人見知りを克服することというのは決して不可能なことではないのです。

 

むしろ見ていて、人見知りの方のほうがお客様との距離感も良くつかめていて、うまく話せていると感じたこともあるくらいでした。

こちらのブログでも述べられているように、もともと人見知りの方や今も人見知りの方は接客業に向いているのかもしれませんね。

接客で人見知りを克服するために行ったこと

接客のアルバイトをただ行っているだけで人見知りを克服出来たら嬉しいですよね。

 

人見知りを克服できた方たちに何か努力はしたのか尋ねてみたところ、「お客様と話すことが上手なスタッフの真似をした」、「上手く話せなくても自分を責めないようにした」、「特に何もしていない」といった答えが返ってきました。

 

ちなみに私は、人見知りを克服するために接客の上手い方の真似をしていたり、落ち着いて話すことを心がけていたりしていました。

 

何もしなくても自然と人見知りを克服できた方もいるのは事実ですが、たくさんの方が人と話すことに対する苦手意識を減らしたいと思って努力しているんですね!

 

ただ、ずっと順調ではなかったという答えもありました。

 

他のスタッフと比べて自分がうまく話せていないのではないかと思ってしまったり、自分には向いていないんじゃないかと思い詰めてしまったり、つらかった時期があったと答えた方もいました。

 

このように、辛い時期をぐっと我慢して乗り越えて、克服することができるケースもあります。

人見知りを克服するのが辛い、できないと思う場合の対策

ただ、お客様と話すことが自分には辛すぎると感じる場合は、自分がやっているアルバイトを見直すことをお勧めします。

 

どういうことかというと、接客アルバイトの種類を変えることをお勧めするということです。

 

接客アルバイトはたくさんありますが、一日当たりどのくらいの時間、どのような年齢の方と、どんなことを話すのかは業種によって全く違いますよね。

特に、どんな年代層と話す機会が多いのかは重要です。

自分が苦手と感じる年代層の方と話していてばかりだと、ストレスを感じてしまうからです。

 

「自分と同じくらいの年代の方と話すのは苦手だけど、少し年の離れた方と話す方が楽」、「あまり年の離れた方と話すのは苦手」等、人によって苦手な年齢層は様々です。

 

ただですら人と話すことに苦手意識がある方が、無理して苦手な方と話して人見知りを克服する必要はありません。

 

もっと年の離れた方がお客様として集まるお店でアルバイトをして、自分のペースでゆっくり慣らしていくという慣らし方が、精神的な負担も少なくて良いと思います。

最後に

私自身、大学生になりたての頃は人見知りでした。

ですが、学生時代から接客販売のアルバイトを始めて、人と話すことへの苦手意識が薄れていって、いつの間にか人見知りを克服することができていました。

 

人見知りを克服できたおかげで、いろいろなことに挑戦しやすくなって、なんだか前向きな性格にも慣れたように思います。

 

人見知りを克服できると、自分にも自信が持てるようになるし、人と話すことが苦手だから……と今までだと諦めていたことにも思い切って挑戦できたり、自分にとって良いことはたくさんあります。

 

「やっぱり自分には人見知りは克服できないのかもしれない…..。」

「人と話すことが苦手なままで辛い…...。」

そう思ってしまうことはあると思います。

 

ですが、アルバイトをやっていく中で努力や工夫をしたり、接客でたくさんの方とお話ししたりしていると、いつの間にか話すことに慣れてきて、そのように思うことが少なくなってきます。

「慣れる」までには時間がかかり、誰だって慣れるまでに辛い・辞めたいと感じてしまいますが、その辛い時期を乗り越えて慣れてしまうと人見知りも徐々に克服することは可能です。

 

思うようにうまく話せなくて辛い時期はあるとは思いますが、慣れてきて「あの時頑張ってよかった!」と思える日はきっと訪れます!

 

接客アルバイトを通して人見知りを克服することはできるので、自分には無理だと応募をためらっていたとしても、前向きに、「自分なら克服できる!」と自身を持ってみてくださいね。