お役立ち情報.com
イベント情報・花の見頃と開花状況・節約・転職・アルバイト・ダイエット・お土産等  お得情報発信サイトです。
アルバイト

飲食バイト未経験者必見!応募前に知りたいデメリット・つらい事・メリットについて

飲食店でアルバイトをしているって聞くとどういうイメージを持ちますか?

 

ホールでは、お客様からの注文を間違えないように気を遣って、料理を運ぶ時も落とさないように、違うお客様のところへ持って行ってしまわないように注意をする。

厨房では、ずっと洗い物をしていて店長の機嫌の悪いときは八つ当たりをされる……。

 

もしかすると、こんなイメージを持っている方もたくさんいらっしゃるかもしれないですね。

 

実は、私もアルバイトをしたことがなかった頃は、飲食店に対してこのようなイメージを持っていました。

 

いつもバタバタしていて、店長や他のアルバイトの方が忙しくなる時間帯になると機嫌が悪くなってピリピリとした空気になる……。

 

けれども、料理は少しずつできるようになるし、ホールでスムーズに注文も聞くことができるようになって、慣れてさえしまえばもっと続けていたい!なんて思うようになるかも?と思っていました。

 

実際、私は飲食店で学生時代に3年半ほどアルバイトをしていたのですが、大学卒業と同時にアルバイトを辞めなければいけなかった時は、もっとここで働きたい!辞めたくない!という気持ちでいっぱいでした。

 

今回は飲食店でのアルバイトに興味はあるものの、なんとなく良いイメージがないという方や、飲食店でアルバイトをしたいけれども中々応募に踏み切ることができないという方に、飲食店でアルバイトをする前に知りたいことについてまとめました。

スポンサーリンク

飲食店でのアルバイトは未経験者でもできるのか

初めてアルバイトを始める方が真っ先に思い浮かべるアルバイト先が、飲食店という方も多いかもしれないですね。

 

ただ、アルバイトを始めたことがないと、「未経験だから応募しても面接には受からないだろうな…」と考えてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

確かに、数ある飲食店の中で「飲食店での経験者募集」と求人に書いてある場合は、未経験の場合は採用される確率は少なくなってしまいます。

 

なぜかというと、飲食店での仕事経験がある人の応募があった場合に、面接では経験者が優遇されるからです。

 

ですが、「未経験だから面接には受からない。」と考えるのはまだ早いです

 

実際に初めてのアルバイトは何をしてた?って聞いてみると、レストランや居酒屋という方はたくさんいらっしゃいます。

 

むしろ、飲食店でのアルバイトが初めてのアルバイトという方の割合は高いと思います。

余談ですが、私は飲食店で正社員としても働いていたことがあり、その時にある地域の採用と教育担当を行っていたのですが、未経験だからという理由で面接に来た方を落としたことはありませんでした。

 

なので、もしあなたがまだ一度もアルバイトをしたことがなくて、面接に受かっていなくても、飲食店でのアルバイトはできるので安心してくださいね。

スポンサーリンク

応募前に知りたい未経験者におすすめの条件

「飲食店」と一言で言っても、いろんな形態のお店がありますよね。

 

家族で行きやすいレストラン、サラリーマンの多い居酒屋、ラーメン屋や牛丼屋のようにお客様の出入りが早いお店もあります。

おしゃれなカフェだって飲食店に分類することができます。

 

種類がたくさんある中で、アルバイト未経験者でも挑戦しやすい飲食店とはどんな条件のあるところでしょうか。

 

その条件とは、「チェーン展開をしている飲食店」です。

 

チェーン展開とは、ある地域のある場所たった一つしかないお店ではなく、様々なところに展開しているお店のことです。

 

例えばマクドナルドや、牛丼で人気のすき家や、サイゼリア等がチェーン展開している飲食店です。

 

なぜ、未経験でアルバイトをする場合チェーン展開をしている飲食店でした方が良いかというと、研修をしっかり行ってくれることが多いからです。

 

どの地域でもあって誰もが知っているような名前の飲食店は、「研修体制」が整っていることが多いです。

 

なので、一度も働いたことがない場合はしっかり研修を行ってもらえるチェーン展開しているお店をアルバイト先に選ぶことをお勧めします。

スポンサーリンク

応募前に知りたい飲食店でのデメリット・つらい事

飲食店でアルバイトをするなら、避けて通れないことや必ず守らないといけないことがあります。

手が荒れてしまう

まず、手が荒れやすいということです。

 

これは、お客様の安全を守るためにアルコールで何度も手を消毒したり、洗い物を洗いすぎて手がボロボロになってしまうからです。

 

特に冬になると手荒れが酷くてつらいという方はたくさんいました。

おしゃれをしにくい

飲食店でよくあるマニュアルの中に、「爪は短く」、「ナチュラルメイクで」、「ネイル禁止」、「明るいカラーの髪色は禁止」、「勤務中は結婚指輪以外のアクセサリーを外す」というものがあります。

 

もちろん場所によってはこれらのきまりがないところもありますが、求人数としては少ないです。

メイクや髪色について規定のないところならまだありますが、ネイルとアクセサリーは原則禁止としている所が多いと覚えていたほうが良いでしょう。

 

なぜ、これらを禁止している所が多いのかというと、「異物混入」につながってしまうからです

 

もし、お客様の食べているものからイヤリングが出てきたら大変ですよね。お客様はケガをしてしまう可能性もありますし、企業としても損害賠償を求められることもあるかもしれません。

 

このようなことがあっては、営業ができなくなってしまうかもしれないですよね。

飲食店で勤務するなら清潔感のある身だしなみを心がけて、お客様の安全を守るためにも、勤務中はおしゃれは我慢しましょう。

けがをすることもある

飲食店で仕事をしていると、けがをしてしまうことがあります。

 

例えば揚げ物を揚げようとしたら油が飛んできて手にやけどを負ってしまっただとか、野菜の皮をむいていたら指に当たって少し切ってしまった等が挙げられます。

 

特に、仕事に慣れてきた頃にけがをしてしまうケースが多いので、慣れてきたかもしれないと思っても気を緩めずに仕事に取り組みましょう

スポンサーリンク

飲食店ではつらい事以外にもメリットもある

飲食店で働いていると、あまりの慌ただしさにあっという間に時間が過ぎて疲れ切ってしまったなんてことはよくあります。

 

忙しい時間帯は張り詰めた空気になるし、「早く辞めたい…」なんて思うこともあるかもしれません。

 

ですが、飲食店で働くことはつらいだけではありません。

何より、飲食店でアルバイトをすると身につくことがたくさんあります。

効率が良くなる

飲食店での仕事というと、残念ながら自分のペースでゆっくりと働くことができません。

特に、多くの方が食事をとる時間である12時から13時、18時から20時は、お客様からの注文に追われることになります

 

この時間帯を「ピーク」と呼んでいる飲食店が多く、ピークの時だけ忙しいのかと思いきやそれだけではありません。

 

「ピーク」の時にしっかり対応できるように事前に準備をする必要があるのですが、それもまた慌ただしくて、効率を考えて作業をしないと「ピーク」に間に合いません

 

事前準備からピークにかけては、手先を早く動かすだけでは対応しきれない程やることが多いのです。正直、頭を使わないと間に合いません…。

 

そこで身についてくるのが、優先順位を考える力や無駄を省く力です

つまり、効率よく作業ができる考えが身につくということです。

 

これは、飲食店以外の仕事でも、さらに仕事以外でも約に立つことなので、アルバイトで身に着けておいて損はないのではないでしょうか。

接客も調理もできるようになる!

飲食店でアルバイトをするパターンとしては、大抵次の3つに分けられます。

1.接客販売・ホールのみ

2.調理のみ

3.調理・接客販売両方

これらのパターンのうち、接客・ホールのみの場合はお客様対応はできるようになりますが、調理は上達しません。反対に、厨房のみの場合は接客スキルは伸びないでしょう。

 

せっかくだったら接客も調理もできるようになりたいという場合は、接客も調理もどちらもさせてもらえる求人に応募しましょう

 

求人の中には、初めは接客・販売のみで慣れてきたら調理もさせてもらえる求人もあります。どちらもやってみたい方は、面接で確認することを忘れないでくださいね。

スポンサーリンク

最後に

飲食店でアルバイトをするのはつらいイメージがつきものですが、決して心身ともにつらいだけのアルバイトではないことをご紹介しました。

 

飲食店で働きたきたいけれども、続けられるか不安と思うかもしれません。

 

ですが、飲食店は続ければ続けるほど身につくスキルの多い魅力的な仕事なので、ぜひ勇気を出して応募に踏み切ってくださいね!