お役立ち情報.com
イベント情報・花の見頃と開花状況・節約・転職・アルバイト・ダイエット・お土産等  お得情報発信サイトです。
転職

【自己分析と面接対策】転職活動の準備について

これから転職活動を始める場合、やることが多すぎて何から取りかかればよいかわからないですよね。

転職のために履歴書や職務経歴書を書かなければいけないし、スーツやバッグ一式がない場合は買いそろえる必要もあります。

どんな求人があるかの情報収集もしなければいけませんよね。

しかし、求人数というのは膨大で、自分の転職したい企業がどういう企業なのか、自分はどういった性格でどのようなことができるのかといったことが判っていないと、応募しても面接でしどろもどろになってしまったり、面接通過して入社した際にミスマッチを感じたりしてしまうことがあります。

そんなことがないように、転職をしたいと思ったときにまず最初に始めることが自己分析です。

正直、自己分析ができていないと円滑に転職を進めることはできません。

自己分析がしっかりできていないと、行きたい企業を絞り込むこともできないうえに、中途半端な気持ちで応募をして受かった場合に、入社後にちょっと違うかも?というミスマッチが生じる事もあります。

今回は転職活動をするなら絶対に外せない、「自己分析」について書いていきたいと思います。

「なぜ転職しようと思ったのか」を考えることも自己分析の一部!

ちなみに、転職をしたいと思った理由だって自己分析の一つにあたります。

まず、自分が何で転職したいと思うようになったのかを振り返ってみましょう。

何かしら転職には理由がありますし、何がきっかけだったのか、何に不満を抱いているのか、自分はどんなことがしたいのか等をはっきりさせておかないと、自分とマッチしていない企業に応募してしまう可能性も出てきます。

転職後にこんなはずじゃなかったと後悔せず、生き生きと働けるように、自分の進みたい方向性を固めておくようにしておきましょう。

スポンサーリンク

自己分析をする理由

自己分析をする理由は大きく2つあります。

1つ目はあなたが転職によって実現したい事、あなたが転職することによってなりたい姿を明らかにするためです。

そして2つ目は、面接対策にもつながるからです。

転職を通してかなえたいこと

あなたが転職してかなえたいことは何ですか?

今の職場ではできないこと、かなわないことがあるといった、何かしらの不満があるから転職に踏み切った場合がほとんどでしょう。

もしあなたのやりたいことがはっきり決まっていないまま、あなたの目指す方向性が分からないまま企業への応募を始めてしまったら、あなたが抱いている不満は転職を通して解消されるでしょうか。

おそらく解消は難しいですよね。

そしてせっかく転職できたとしても、転職を通してかなえたいことが実現できない環境だったとわかった時、あなたはまた転職したいと思ってしまうかもしれないですよね。

残念ながら、短期での転職や転職回数が多いことは、次回の転職に悪影響を与えてしまいます

後悔しない転職のためにも、自分が転職を通してどういう未来に近づきたいのか明らかするために、自己分析はしっかり行ってください。

面接対策

面接では、あなたのことをたくさんの質問を通してあなたがどういった人物なのか、どんなことができて、採用した場合に企業にどんな利益をもたらすのかといったことを面接官に判断されます。

「なぜ転職しようと思ったのですか」、「退職検討理由は何ですか」、「あなたは転職を通して何をかなえたいのですか」、「どんな実績を上げてこられましたか」、等の質問を通して判断されます。

その時にしっかり自己分析ができていないと、質問の回答に一貫性がなかったり、回答がしどろもどろになってしまったりしまいます

面接で後悔しないためにも、自己分析を通して自分のことをしっかり理解しておく必要があります。

スポンサーリンク

自己分析の方法

自己分析が必ず必要であることはわかるけど、どうやって始めたら良いかわからないですよね。

私もわからなかったので、転職エージェントの方にどのように進めるか教えていただきました。

過去の経験、選択を振り返ってみる

まずは自分が何をしてきたのか、どうしてその選択肢を取ったのかを振り返っていきます。

例えば、自分は学生時代にアルバイトで塾講師をやっていた、自分は○○大学に行った、高校生の頃は吹奏楽部に入っていた等、できるだけたくさん紙に書き出してください。

理由の深堀り

次に、なぜそれを行ってきたのか、なぜその選択肢をとったのかといった「なぜ」を何度も掘り下げて問いかけていってください。少なくとも3つは掘り下げるとよいでしょう。

 

「なぜ」を繰り返すことで、自分の軸や大切にしている価値観がはっきりしてきます

転職エージェントの方に教えていただいたとき、これはやらなくてはと思いました。私もこの方法を使うことで自分の軸を固めていきました。

スポンサーリンク

まとめ

自己分析でわかることは、自分が大切にしている「価値観」です。

自分のことなんて、自分はわかっている!と思いがちですが、意外と転職での面接を通してすぐ答えられないと、自分のことがよくわかっていないんだと気が付くことがあります。

 

自己分析を通して自分が何を大切にして生きてきたかがわかり、自分の価値観が見えてきます。

自分がこれからも大切にしたい価値観をもって転職活動に臨めば、あなたに合った企業も見つけやすくなります。

しっかり自己分析を行って、悔いのない転職活動を進めてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。