その他

越谷レイクタウンは水上都市化しても大丈夫?調節池とは何か徹底解説!

台風19号により越谷レイクタウンがまるで水上都市化していると話題となっていますね。

見渡す限りが水で浸水しており、まるでヴェネツィアのような景色となっています。

そんなレイクタウンですが、もともと調節池により大雨でかなりの水量を一定場所に抱え込むことができるように設計されていたようです。

越谷レイクタウンは、もともと水害対策として「調節池」が作られていたようです。

水没してしまったように見えるのも、「調節池」が役割を果たしたため。

本記事では、越谷レイクタウンを守った「調節池」とは何なのかについて解説していきたいと思います。

題して、「越谷レイクタウンは水上都市化しても大丈夫?調節池とは何か徹底解説!」ということでご紹介したいと思います。

越谷レイクタウンを守った調節池とは?

今回台風19号の影響によりあたり一面水で使ってしまっている越谷レイクタウンですが、もともと調節池により大雨でこのようになるように設計されていました。

越谷レイクタウンを守った調節池の名前は「大相模(おおさがみ)調節池」。

「大相模調節池」とは何なのでしょうか?

越谷市のホームページに以下の情報が書いてありました。

大相模調節池は、元荒川流域の浸水被害を軽減するために設置された施設です。本調節池に貯めることができる水量は120万m3(東京ドームおよそ1杯分)になります。なお、本取水施設は、元荒川の水位上昇に伴い、雨水を取り込むための施設となります。

引用:越谷市公式ホームページ

「大相模調節池」は、水害対策として越谷レイクタウンにつくられた調節池のことです。

写真を見ていると水没してしまっているので大丈夫なのかと心配になってしまいますが、もともと浸水被害を軽減させるために大雨では沈むように設計されているということです。

大相模調節池では東京ドーム約1杯分もの水をためることができるんですね!

大相模調節池があったことで、今回の台風19号による周辺地区の水害被害を軽減することができたということですね。

ちなみに、東京都建設局には調節池の役割について以下のように書かれていました。

調節池は、洪水時に河川の水位が上昇すると護岸に設けられた越流堰から洪水が池内に流入し、下流の河道流量を軽減する役割をします。

引用:東京都建設局公式ホームページ

ちなみに都内では、「比丘尼橋上流調節池」、「白子川地下調節池」、「比丘尼橋下流調節池」等複数個所に調節池があるようです。

調節池は知らない間に、水害から私たちを守ってくれていたのかもしれませんね!

越谷レイクタウンは水上都市化しても大丈夫?

今回、越谷レイクタウンは一部水上都市化してしまったようになってしまっていますが、大丈夫なのでしょうか?

水位は増してはいるものの、ツイッターの投稿を見てみると、まだ大相模調節池に水を抱え込む容量はあるように感じますね。

ただ、現在も水位は増しているため10月14日に付近で開催予定だったイベントは中止のようです。

まとめ

今回は、「越谷レイクタウンは水上都市化しても大丈夫?調節池とは何か徹底解説!」ということでお送りいたしました。

一見大丈夫なのかと心配してしまうように水上都市化してしまったレイクタウンですが、水害による被害を軽減させるように設計されていたということですね。

調節池はその役割を果たし、越谷レイクタウンに住む方々を守ることができたということですね。

今後越谷レイクタウンのように、調節池が導入される地域も増えていくかもしれませんね。

それでは、今回は以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。