初売り

【くずはモール初売り2020】並ぶ時間は6時!人気の福袋はこれ!

くずはモール初売り2020で福袋を購入するためには何時から並ぶと良いのでしょうか?

確実に福袋を購入するために並ぶと良い時間ですが、朝の6時です。

また、くずはモールの初売りで毎年人気の福袋は、食品の福袋です。

洋服ではなく、食品の福袋目当てで並ぶ人が多いのがくずはモールの初売りの特徴です。

本記事では、くずはモールの初売りでお得に買い物をするためになぜ朝の6時から並ぶと良いのか、過去のくずはモールの初売りに並んだ人数、くずはモール内のショップ数、販売された福袋の個数やいつから並んでいたのかといった情報を整理した上で解説していきたいと思います。

【くずはモール初売り2020】並ぶ時間は6時!

それでは、くずはモールの初売り2020で初売りでお得に買い物をするために朝6時から並んだほうが良い理由について解説していきます。

くずはモール初売りでは何を購入するために並ぶのかについては、大きく分けると洋服と食品の2つです。

洋服はどこの初売りでも販売されるのですが、食品の福袋を扱っているお店は中々珍しいですよね。

しかも福袋には、かなり食品が詰まっていてお買い得なので、くずはモールの初売りに並ぶ人の中で食品の福袋がお目当てといった方はたくさんいます。

ちなみに、2018年度のくずはモールの初売りに並んだ人は約4500人

来場者数は、14万4000人にも上ったのだそうです!!

運営会社の京阪流通システムズによると、10時の開店前には約4500人が列をなし、行列の先頭は同日6時30分ごろから並んだという。

同店発表による今年の累計来店者数は昨年の約12万5000人を上回る約14万4000人。

引用:枚方経済新聞

これは恐ろしい数字ですね…。

しかも、年々利用者数は増えている様子。

一体2020年度は何人の人が集まるのかを考えると本当に恐ろしいですよね。

ちなみに、最も早くに並んだ方は朝の6時頃からなのだそうです。

同じ大阪エリアでも朝の5時頃から並んだほうがよいお店があることを考えると、少しゆっくりすることができますね。

ただ、年々くずはモールの初売りに参加する人数は上昇傾向にあります。

2018年度は14万人でしたが、前年の2017ねんどは12万人だったということ。

人数は2万人増えていますね。

ちなみに、用意された福袋の数はファッション、食品、雑貨のすべてを含めて約1万4200個。(参考:枚方経済新聞

これらの数字を見ると、来場者数のうち1割しか福袋を購入することができないということですね。

これらの数字を踏まえると、朝の6時頃から行列の先頭をキープして、初売りに参戦するのが福袋を確実にゲットするための方法ということになります。

【くずはモール初売り2020】人気の福袋はこれ!

くずはモールの初売りで毎年人気の福袋は、「食品の福袋」です。

これが他のショッピングモールとの大きな違いですよね。

ファッションの福袋が人気かと思いきや、開店と同時にあっという間に人だかりができてしまうのが食品コーナーです。

なぜ食品の福袋が人気なのかというと、以前から口コミで食品の福袋がお買い得だといったことが広まってしまっていたからなのでそうです。

特に、高価格帯の食品の福袋ほど、中に入っている合計金額からの値引き率が高くて、お買い得になっているようです。

このような理由で、毎年食品の福袋は大人気なのだそうです。

確かに、食品のような日用品だと損することも少ないので、安く手に入れられるなら購入したいと考える方が多いのももっともですよね。

2020年度のくずはモールの初売りで食品の福袋を何としても手に入れたいと考えられている方は、早朝から並ぶことをお勧めします。

ちなみに初売りに参戦するときのポイントですが、早く並ぶと良いだけではありません。

防寒対策と、風邪やインフルエンザ対策もしっかりしておく必要があります。

外に並ぶ時間が長いほど、冷たい外気にさらされる時間も長くなります。

また、これだけ来場者数が多いと風邪やインフルエンザをもらってしまう可能性も高くなってしまいます。

くずはモールの初売りに参加する場合は、温かい格好をしてマスクもして臨まれることがおすすめですよ。