お役立ち情報.com
イベント情報・花の見頃と開花状況・節約・転職・アルバイト・ダイエット・お土産等  お得情報発信サイトです。
転職

【転職面接対策】面接官が面接で確認しているポイントを解説

転職で少なくとも1回は行うことになる面接ですが、しっかり対策をとらないと通過は難しいものです。

そうはいっても、面接の対策ってどのようにすればわからないですよね。

自己流で面接に臨んでいても、なかなか通過せずに自信をなくなってしまうケースもあると思います。

今回は私が転職活動中に、転職エージェントに教えてもらった面接対策方法について紹介したいと思います。

そもそも面接の目的は?

面接って何のために行うのでしょうか?

面接とは、あなたのことを企業が雇うことで、企業の利益の最大化につながるかどうかを確認するために行うものです。

企業は利益を視野に入れて面接を行っているので、単にあなたの人柄がよかったから採用する、ということはめったにありません。

もし、あなたが面接官だったら人柄が良いけれども過去の実績が1つもない方と、同じように人柄が良くて実績も十分ある方が面接に着た場合、もちろん後者を通過させますよね。

あなたが面接官だとして、人柄がとてもよくても実績がなかった方を採用しようと思っているとき、あなたの上司に今回の応募者を採用しようと思う!と伝えるときに、理由は「人柄が良かったから」、では通用しないですよね。

少しイメージしずらいと思うので例を挙げると、例えば営業職の募集の場合は、応募者が売り上げをどれほど多く上げられてきたかといったように、応募者を雇うことで、今後企業の数字を上げられるかどうかを考えます。

営業職でも、「なんとなく人柄が良かったから」では、面接を通過させても企業の数字を挙げることにつながらなければ、その人を採用するメリットは少ないですよね。

未経験職種での応募は、人柄で通過するケースもありますが、人柄だけでの採用は中々ないと考えておいたほうが良いでしょう。

そのため、「自分を採用することで企業にどんな利益を与えることができるか」を考えて面接に臨む必要があります。

企業の利益につながる回答はよい評価につながるので、どの職種に応募をするにしても企業にとってメリットになるかを考えて発言するようにしましょう。

スポンサーリンク

面接官が面接でチェックしているポイント

面接官は大きく2つのことを確認しています

一つ目はその企業、もしくはその職種で利益の出せるスキルがあるかどうかです。

せっかく求職者を雇っても、企業にとって利益が出せなければ意味がありません。

その企業にとってあなたを雇うことは、今後企業の発展につながるかどうかを見られていると考えましょう。

2つ目は長期的にあなたが働いてくれるかどうかです。

企業は採用をするためにコストをかけているため、すぐに退職されてしまっては損害が出てしまいます。

どのくらいの費用が掛かっているかというと、一人採用をするために企業は年収の1.5倍から2倍のコストをかけているのだそうです!

あなたが長期的な就業能力があるかを、面接では質問を通して確認されることは納得できますね。

スポンサーリンク

面接でどのように見極められるか

企業の利益につながるかどうか、長期的な就業が可能かどうかを面接官はどのように見極めているのでしょうか。

主に、職務経歴書と面接でのあなたの回答で判断をしています

 

あなたを採用することで企業の利益につながるかどうかは、もちろん直接ストレートには質問されません。

よく、「自己PRしてください」、「あなたの強みは何ですか」、「長所を教えてください」、「実績について教えてください」といったような質問を通して判断されます。

また、長期的に就業するかどうかについては過去の職歴や過去の入社理由、将来的にやりたいことを確認することで見極めています。

「転職をしようと思った理由は何ですか」、「退職を検討している理由は何ですか」、「これからやりたいことはなんですか」といった質問を通して判断されます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

面接官がどのような点を確認しているかお判りいただけたかと思います。

今回ご紹介した事以外にも、もちろん人柄や会社との相性なども面接官は見られていますが、たとえばイメージが社風と合わないと判断され落とされてしまっても落ち込む必要はありません。

なぜかというと、社風が合わないと判断されても採用された場合、あなたが今後働きずらさを感じてしまう可能性があるからです。

面接では自分の事を自分の言葉で伝えたいと思うかもしれませんが、面接官が何を面接中に見ているか、自分を雇うことで企業にもたらす利益は何かを視野に入れて、面接対策をしていきましょう。