スポーツ

長光歌子コーチの評判がすごい!出身や経歴・若い頃の実績も徹底解説!

高橋大輔選手のコーチとして有名な長光歌子コーチ。

選手にとって頼もしく、心強い存在であると評判の高いコーチですね。

過去には高橋大輔選手と一緒に住み、家族のような存在であったのだそう。

実際に2人がテレビに映っている様子を見ても、まるで親子のように見えますね。

本記事では高橋大輔選手のコーチとして有名な長光歌子コーチに焦点を当てて、一体長光歌子コーチとはどんな人物なのかについて解説していきます。

題して、「長光歌子コーチの評判は?出身や経歴・若い頃の実績も調査!」ということでご紹介します。

長光歌子コーチの評判は?

長光歌子コーチと高橋大輔選手が並んでいる所はテレビにもよく映っていますが、本当に親子のようですね。

高橋大輔選手は2019年の試合を最後にシングルを引退してしまうので、長光歌子コーチも寂しい気持ちでいっぱいなのではないでしょうか?

高橋大輔選手が滑っている様子を長光歌子コーチが暖かい目で見守っている様子をもう見ることはできないのかもしれないと思うと、見ているこちらも涙腺が崩壊しそうになりますね。

そんな高橋大輔選手と共に歩んできた長光歌子コーチの評判はどのような感じなのでしょうか?

SNSでの長光歌子コーチの評判を調べてみました。

長光歌子コーチの評判は、生徒を育てるのが上手い、素晴らしい先生といったところですね!

これほど素晴らしいコーチだったら、生徒にとっても心強い存在であることは間違いありませんね。

長光歌子コーチの出身

西日本を中心にスケートのコーチをされている長光歌子コーチの出身は、やはり西日本なのでしょうか?

関西大学アイススケート部のコーチを行っている長光歌子コーチの出身地は兵庫県です。

高校は兵庫県立芦屋高等学校卒業を卒業され、その後武庫川女子大学に進学されています。

大学ではスケートに励まれ、武庫川女子大学を中退されています。

長光歌子コーチの経歴

長光歌子コーチは現在は関西大学アイススケート部のコーチをされていますが、どのような経歴の持ち主なのでしょうか?

長光歌子コーチは現役の頃は、シングルのスケート選手として活躍されていました。

1972年に現役を引退され、その後は西日本を中心にスケートのコーチとして活躍されます。

高橋大輔選手以外にも、村上大介選手や上野沙耶選手も教えられていた経歴があります。

高橋大輔選手と出会ったのは高橋大輔選手がまだ中学2年生の時で、高橋大輔選手が関西大学に進学してからは共同生活もされていたようです。

本当に家族のようですね!

長光歌子コーチの若い頃の実績

長光歌子コーチの若い頃の実績を調べてみました。

長光歌子コーチは、1966年の全日本ジュニア選手権で優勝した実績があります。

全日本ジュニア選手権で優勝されたとき、長光歌子コーチはまだ高校生です。

ちなみに全日本選手権では、最高で6位に入賞したという素晴らしい実績も残されています。

まとめ

本記事では、高橋大輔選手のコーチとして活躍されていた長光歌子コーチに焦点を当てて解説していきました。

本記事で述べたことをまとめると、生徒を育てるのが上手いと長光歌子コーチの評判は大変よく、若い頃は素晴らしい実績を残された方ということです。

高橋大輔選手はシングルを引退しますが、長光歌子コーチは今後も高橋大輔選手のように実績を残す選手を次々と輩出して行かれるのではないのでしょうか?