その他

office365障害2019の復旧はいつ?原因や日本への影響も

2019年11月19日にマイクロソフト社のメールサービスである「Office365」でメール障害が発生しています。

「Office365アウトルック」は多くのビジネスマンが使用しているメールツール。

メール障害の内容は、メールの送受信ができないというものなので使用ができないことで仕事に支障が出てしまっているといった方も多いのではないでしょうか?

ちなみに、発生している国は日本だけではなく、オーストラリアやインドも。

11月19日の障害では、メールの送受信に時間がかかってしまう、若しくは送受信そのものができないというもの。

外部へのメール送信だけではなく、社内のメールにも影響が出ているのだそうです。

社内へのメールについては、ファイルを添付している時に不具合が発生

ファイルを添付していると、送信や受信がスムーズにできないといった障害が発生してしまうようです。

本日12:32頃から発生しているのにも関わらず、本記事を書いている20:30現在もまだ障害は復旧していない状況です。

本記事では、office365障害2019の復旧はいつ?原因や日本への影響もと題してoffice365障害の復旧はいつなのか、原因は何なのかについて紹介したいと思います。

それでは、本題に行きましょう。

office365障害2019の復旧はいつ?

office365のメールツールの「アウトルック」が使用できなくなってしまったことで仕事に支障が出ている方も多いことでしょう。

office365の障害はいつ復旧するのでしょうか?

調べてみたところ、こちらの記事を書いている20:30現在障害復旧がいつなのかといった情報はまだ出ておりません。

障害自体は当日12時32分から発生しているものなので、当日中には復旧してほしいものですね。

復旧がいつなのかについては、わかり次第こちらの記事も更新させていただきますので今しばらくお待ちください。

office365障害2019の原因

ツイッターでもoffice365の障害の原因が何なのかを気にする投稿がたくさん見つかっています。

2019年11月19日に発生したoffice365の障害の原因については結局はっきりとはされてはいません。

ただ、復旧する頃には原因も明らかにはなっているかと思われますので、ニュースでも報道されることでしょう。

本記事でもわかり次第更新させていただきたいと思います。

office365障害2019の日本への影響

office365の障害はオーストラリアを中心に発生していますが、日本にもその影響は出ていたようです。

2019年11月19日の昼過ぎ頃から、メールを送信しても相手側に中々送信されない、受信ができないといった影響がでていたようですね。

昼頃から突然発生したもので、office365で不具合が起こっていると気が付くまではメールの送受信ができない原因がわからず慌ててしまったビジネスマンも多かったかもしれませんね。

まとめ

今回は、「office365障害2019の復旧はいつ?原因や日本への影響も」ということでご紹介致しましたがいかがでしたでしょうか?

office365のメールは多くの社会人が会社で使っているツールなので、メールの送受信がスムーズにできないと仕事に支障が出てしまいますよね。

2019年11月19日に発生したoffice365の障害の復旧がいつなのかははっきりとはわかってはいませんが、一刻も早く復旧して普段通りにメールの送受信が行えるようになってほしいものです。

それでは、今回は以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。