プール

御宿ウォーターパークのスライダーに身長制限はある?幼児でも大丈夫?

御宿ウォーターパークが7月13日(土)~9月1日(日)の期間オープンします。

御宿ウォーターパークは3種類のウォータースライダーが有名な千葉県の野外プールです。

スライダーの他にも、流れるプール、多目的プール、幼児プールがあり、大人から小さな子供まで楽しめるプールとなっています。

町運営の割には色々と施設が整っているプールだと、2019年8月20日に放送されたZIPでも紹介されていましたね!

テレビを見ていきたくなってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな御宿ウォーターパークに遊びに行くなら、せっかくだったら有名なスライダーを楽しみたいところ!

まっすぐな直線スライダー、くるくる曲がる曲線スライダーと、チューブに乗りながら滑っていく川下りスライダーの全部で3種類もあり、子供に大人気です!

ちなみにチューブのスライダーでは、乗り物に2人でも乗ることができます。

そんなスライダーですが、気になるのは身長制限はないか。

よく、スライダー系のアトラクションプールには、身長制限や年齢制限がありますよね。

せっかく御宿ウォーターパークに遊びに行っても、身長が足りなくてスライダーで遊べなかったなんてことは避けたいですよね。

そうならない為にも、事前にチェックしてしまいましょう!

というわけで、今回は「御宿ウォーターパークのスライダーに身長制限はある?幼児の年齢は?」ということでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

御宿ウォーターパークのスライダーに身長制限はある?

御宿ウォーターパークのスライダーに身長制限はあるのでしょうか?

確認をしてみたところ、やはりスライダーには身長制限がありました。

3種類あるスライダーの身長制限は、どれも120cmです。

身長制限は120cmとなっているので、120cmないお子様は保護者と一緒でもスライダーを楽しむことはできません。

残念ですが、スライダーを使用する安全面から仕方のないことなのだと思います。

119cmといったぎりぎりの方は、入れないとは思いますが1cm足りないだけなのでスタッフの方に聞いてみるのも良いかもしれませんね。

120cm以上だとスライダーを楽しむことができますので、身長が120cmを超えてから、思いっきりスライダーを楽しみにお子様を連れて行ってあげてくださいね!!

御宿ウォーターパークのスライダーは幼児でも大丈夫?

御宿ウォーターパークのスライダーは幼児でも大丈夫なのでしょうか?

そもそも、スライダーに年齢制限はあるのか確認したいところです。

確認してみたところ、年齢については特に制限はないようです。

ただ、小さなお子様はスライダーではなく幼児プールの方が楽しめるかもしれません。

幼児プールには、スライダー程勢いはありませんが小さな滑り台があります。

幼児プールは水深50cmなので、身長がまだ低いお子様でも安心して楽しめますよ!

ちなみに、プールの入場自体に小学2年までは大人の付き添いが必要になります。

また、オムツの取れていない幼児でもプールに入ることは可能とはなっていますが、プール用のオムツの着用は必須です!

もし、赤ちゃんを連れて行ってあげる場合はプール用のオムツを忘れないようにご注意くださいね!

御宿ウォーターパークの基本情報

施設名:御宿ウォーターパーク

開催期間:2019年7月19日(金)~9月1日(日)

開催時間:9:00~17:00

場所:千葉県夷隅郡御宿町須賀2208

アクセス:御宿駅から徒歩10分

お問い合わせ先:0470-68-3923

料金:大人1,200円、子供500円

※15時以降は割引となります。大人500円、子供300円となります。

売店:あり

レンタル品:浮き輪/2時間300円、ビーチベッド/1日500円、パラソル付きのテーブルと椅子/1日2,000円

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「御宿ウォーターパークのスライダーに身長制限はある?幼児でも大丈夫?」ということでお送りいたしました。

御宿ウォーターパークでは3種類のウォータースライダーや流れるプールを楽しむことができます。

大人1,200円、子供500円とリーズナブルな料金も魅力的ですね。

しかも午後3時以降に入場する場合だと割引価格となり、大人500円、子供300円となります。

売店では、お菓子や菓子パン、カレーライス、カキ氷やアイス、コロッケなどが販売されています。

昼食をわざわざ準備しなくても、売店で買って現地で食べられるのもありがたいところですよね!

東京からも日帰りで行くことができ、御宿駅から徒歩10分ほどとアクセスも抜群ですよ!

ぜひ、今年の夏は御宿ウォーターパークに遊びに行かれてみてはいかがでしょうか?

きっと楽しい思い出が増えると思います!!

それでは、今回は以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。