エンタメ

ペイペイドームを名付けたのは誰?名前変更の理由や評判も解説

「福岡 ヤフオク!ドーム」が「ペイペイドーム」に改名されると発表がありました。

ニュースで知った時、なぜ「ペイペイドーム」という名前に?とふと疑問に思ったのは私だけではないと思います。

ペイペイドームという名前には、ネットでは賛成といった意見もあれば、センスが悪い、違和感があるといった厳しい意見もあるみたいですね。

2013年から「福岡 ヤフオク!ドーム」(ふくおか ヤフオク!ドーム、通称「ヤフオクドーム」)と呼ばれていましたが、今回ペイペイドームと名付けたのは誰なのでしょうか?

また、名前を変更した理由や名前を変更することによる世間の声、つまり「評判」も気になったので併せて調べてみました。

今回は、「ペイペイドームを名付けたのは誰?名前変更の理由や評判も解説」と題してお送りしたいと思います。

それでは、本題に行きましょう!

ペイペイドームを名付けたのは誰?

ペイペイドームは、2013年から「ヤフオクドーム」と呼ばれるようになりました。

ちなみに、ヤフオクドームの名付け親は、ヤフー株式会社です。

ヤフードームではなく、ヤフーオークションのヤフオクなのが面白いですよね!

「福岡 ヤフオク!ドーム」、通称「ヤフオクドーム」と呼ばれています。

それでは、ペイペイドームは誰が名付けたのでしょうか?

ペイペイドームの「ペイペイ」は、ソフトバンクグループが50%出資しています。

また、ヤフーと通信大手のソフトバンクがそれぞれ25%出資しています。

これらの出資比率を考えると、今回ヤフオクドームからペイペイドームへと命名したのはソフトバンクグループの誰かなのではないかと予想されます。

ペイペイドームへの名前変更の理由

福岡ドームは、福岡県福岡市中央区地行浜2丁目にある開閉式屋根を持つ多目的ドーム球場です。

福岡ソフトバンクホークスの専用球場、つまり本拠地です。

建築面積は69,130m2、最高所は83.96mと、ドーム球場の中では日本一の広さを持つ球場です。

そんな施設のヤフオクドームがペイペイドームに名前が変わる理由は一体何なのでしょうか?

理由については明確にされていませんが、共同通信によると以下の内容が発表されていました。

親会社のソフトバンクグループはペイペイを冠したスマートフォン決済アプリやインターネット通販を強化している。今年日本一になった球団の力を借り、一段の知名度向上と消費者への一層の浸透を図る。

引用:共同通信

この内容で注目したいのが、知名度の向上と消費者への一層の浸透です。

十分知名度もあり、消費者にも浸透しているかと思うのですが、さらに浸透させたいという願いで命名されたのかもしれません。

はっきりした理由についてはまだ発表されていませんが、より多くの人に知ってもらうためといった理由なのではないかと予想されます。

ペイペイドームの名前の評判

ペイペイドームの名前の由来といえば、スマートフォンの決済アプリの「ペイペイ」からきているのだと予想されますね!

そんなペイペイドームの名前の評判はどんな感じなのか、SNSを見ていきましょう。

ツイッターを見てみると、ペイペイドームに代わることにあまり納得のいかないような投稿がたくさんありましたが、賛成といった意見もしっかり見つかりました。

ヤフオクドームですっかりなじんでしまっている人にとっては、少し違和感のある名前なのかもしれませんね。

あと、コンサートが行われるときに、おなじみのアーティストが「ペイペイドーム~」と叫ぶのにも何というか、どことなく違和感があるかもしれませんね…。

ただ、そのうちペイペイドームという名前にも慣れそうな気もしますね。

ただ、これだけ名前が変わることが話題となったので認知度は上がって、命名した側にとっては良かったのではないかと予想されます。

まとめ

今回は、「ペイペイドームを名付けたのは誰?名前変更の理由や評判も解説」と題してお送りいたしましたがいかがでしたでしょうか?

ヤフオクドームからペイペイドームに名前が変わると知った時、たくさんの方が変更理由や変更の時期について気になったのではないかと思います。

名前を変更することで、知名度の向上と消費者への一層の浸透を計画されていたようですね。

ツイッターでは一時期トレンド1位となるほど話題となり、十分知名度は上がったのではないでしょうか?

ちなみに、「福岡 ヤフオク!ドーム」が「ペイペイドーム」に改名されるのは、来シーズンからということが決まっています。

2020年のプロ野球のレギュラーシーズンの開幕日は、3月20日からの予定となっているので、3月20日前後に「ペイペイドーム」に代わるのではないでしょうか?

ペイペイドームの名前に賛成といった声や反対といった声もあり、評判が良い名前とは言い難いものですが、今後ペイペイの名前の力で知名度がますます上がると良いですね!

それでは、今回は以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。