イベント

ラクビーワールドカップは台風19号で中止?チケットの払い戻し方法も徹底解説!

2019年10月13日はラグビーワールドカップの日本対スコットランドですね!

決勝トーナメント進出がかかる試合なので、楽しみにされている方も多いのではないでしょうか?

テレビの前で大円する方はもちろんですが、チケットに当選し、会場まで見に行くことができる方は周りの熱気とその臨場感に気持ちが高ぶってしまいそうですね!

今回の試合が楽しみで楽しみで仕方がないという方も多いことだと思います。

ただ、一つ気がかりなのが発生している台風19号による影響。

台風の影響でラグビーワールドカップ日本大会が中止になってしまわないかということが、気がかりですよね。

実際、2019年10月12日と13日に開催されるラグビーワールドカップ日本大会の試合運営が台風19号で中止になってしまうかもしれないとニュースでも話題となっていますね。

ラグビーワールドカップが中止ではなく延期や順延だったら良いのですが、選手たちの宿泊のことを考えると難しいのかもしれないですよね。

もし台風でラグビーワールドカップが中止となってしまった場合はチケットの払い戻しがあるのかも確認しておきたいところですね。

2019年度は台風の発生も多く、各地でたくさんのイベントが延期となったり中止となったりしていました。

ラグビーワールドカップも台風や雨天の影響で中止や延期となってしまうのでしょうか?

万が一中止となってしまった場合のチケットの払い戻し方法についても調べてみたので、徹底的に解説したいと思います。

それでは、「ラクビーワールドカップは台風で中止?チケットの払い戻し方法も徹底解説!」と題して解説していきたいと思います。

では、見ていきましょう。

ラクビーワールドカップは台風で中止や延期になる?

まず初めに、台風の進路を見ていきましょう。

12日から13日にかけて、日本を横断するような進路を描いていますね。

このままの進路で台風が突き進むと、12日と13日のラクビーワールドカップに影響を与えてしまうかもしれません。

ラクビーワールドカップは台風で中止や延期になるのでしょうか?

ツイッターを見てみても、ラクビーワールドカップが中止にならないかを心配する声が上がっていますね。

もし今回の台風で試合が中止となってしまった場合、中止となった試合に出場予定だった各国は引き分け扱いとなります。

その為、日本の決勝進出が決まることになります。

13日にスコットランドと戦わずして決勝進出というのにう~んといった声も上がっているようですが、果たして台風によってラグビーワールドカップは中止となってしまうのでしょうか?

調べてみたところ、こちらの記事を書いている2019年10月9日現在、ラグビーワールドカップが台風によって中止になるといった情報はまだ出ておりません。

ただ、日本経済新聞に以下のことが書かれていました。

大会規則や組織委員会によると、台風が高い確率で試合会場近くを通る恐れがある場合、観客の安全面などを踏まえて東京都新宿区の大会運営本部で開催の是非を検討する。民間気象会社などから情報を得て開催都市とも共有し、中止する場合は試合開始6時間前までに決定して公表する。

引用:日本経済新聞

延期については何もじょうほうがありませんね。

どうやら今後の進路や台風の規模によっては、ラグビーワールドカップは中止となってしまう可能性もあるようですね。

試合開始の6時間前までに発表のようなので、当日は公式ホームページやツイッターなどをこまめにチェックしておく必要がありそうですね。

ちなみに、こちらのブログでも中止と決定した際は情報を更新させていただきます。

今回の試合は小ぶりの雨の時は決行なのかもしれませんが、さすがに台風となると雨風も強いので中止となってしまうかもしれません。

もし台風の中で試合を開催をして、試合出場者や観覧者にけが人が出てしまったら大変なことになってしまいます。

少しの雨なら開催されそうですが、台風のような荒天時は残念ですがラグビーワールドカップは中止となる可能性が高いですね。

ただ、台風のような荒天ではなく、ほんの少しの雨なら開催される可能性もあります。

ただ、雨の場合は注意点もあります。

ラグビーワールドカップ会場内は傘をさすことができなかったり、傘をさすことで周りに迷惑をかけてしまう可能性もあります。

雨天の場合は、レインウェアやポンチョ等の雨具を持って行かれることをお勧めします!

 

ラクビーワールドカップが中止の場合のチケットの払い戻し方法について

ラクビーワールドカップが台風によって中止となってしまった場合、購入したチケットの払い戻しはあるのでしょうか?

チケットを購入している場合は、とても気になりますよね。

調べてみたところ、チケットの払い戻しの措置は行われることが書いてありました!

不可抗力、安全及びセキュリティ上の問題、権限者又は所轄官庁による決定(以上を含みますがが、これらに限定されません。)などによる不測の事態やその他の事情が発生した場合、試合の開始時間、日付、試合時間及び会場又はチケットによって管理されるその他の詳細が、変更されることがあります。
この場合、事業者の決定に基づき所定の期間内に限り、払い戻しを行います。
払戻しを受ける際、その払戻しの対象となるのは券面額のみであり、他に支払った料金や費用(手数料、郵便料金、配送料など)まで払い戻されるわけではありません。

引用:ラグビーワールドカップ公式チケットサイト

もし台風で中止となってしまった場合は、チケットの額面のみ払い戻し措置が取られます。

手数料や郵便料金は払い戻されないのでご注意くださいね!

ちなみに、チケットの払い戻しは以下に該当する場合に行われます。

(4)JR2019は、以下に該当する場合に限り、(チケット購入者から払戻しの申請があった場合に)チケット購入者に対し、当該チケットの券面額を払い戻します。

a) キックオフ前に試合が延期され、その後、別途当該試合に関する日程が設定されない場合

b) キックオフ前に試合が延期され、その後(会場変更の有無にかかわらず)、試合が他の日に変更された場合

c) 本大会が中止により試合が開催されなかった場合

d) チケット所持者が日本の法律上払戻しを受ける権利を有する場合

引用:ラグビーワールドカップ2019チケット規約

チケットの払い戻し方法については以下のように記載されていました。

(7) 本規約6の(4)項が適用される場合、当初のチケット購入者のみが払戻しを受けることができます。JR2019が本規約6の(4)a)項、同b)項又は同c)項に従って払戻しの手続を開始した場合、試合の取消し若しくは変更又は大会の中止が決定された日から10営業日以内に、メディアを通じて又は直接の連絡手段により、払戻しの手続及び返金予定日を、チケット購入者に対してお知らせします。

引用:ラグビーワールドカップ2019チケット規約

まとめると、もしラグビーワールドカップが中止となってしまった場合は、大会の中止が決定した日から10営業日以内に何らかの手段で払い戻し方法と返金予定日について連絡があるということです。

万が一台風で中止となってしまった場合は、運営側から連絡があるのをまずは待つのみですね。

もし、上記の情報より詳しい情報が入った際には、こちらのブログも更新させていただきます。

ラグビーワールド2019チケットカスタマーセンター基本情報

名称:ラグビーワールドカップ2019チケットカスタマーセンター

お問い合わせ電話番号:0570-09-2019(国内)/+81 50 3786-6615(国外)

営業時間:10:00~18:00

まとめ

今回は、「ラクビーワールドカップは台風で中止?チケットの払い戻し方法も徹底解説!」ということでお送りいたしましたがいかがでしたでしょうか?

今回で9回目となるラクビーワールドカップでは過去に試合が中止になった事例はないそうです。

今月2日に福岡で行われた試合は、台風18号の影響で一時開催中止が検討されてはいましたが台風の進路がそれたおかげで無事に開催となっています。

今回の台風は規模が大きい上に進路を見ても日本を通過する予定となっているので、10月12日と10月13日の両方に影響を与えてしまいそうですね。

日本人はもちろんですが、今回のワールドカップの為に海外から訪れている方もたくさんいらっしゃいますので、台風で試合が中止とならないでほしいものですね。

今後台風の進路がどのようになるかはまだわかりませんが、現時点で今回発生した台風は日本を直撃する可能性は今のところ高そうです。

台風が来る日程がずれたり進路がずれたりして、ラグビーワールドカップが中止とならないことを祈っておきましょう!

それでは、今回は以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。