お役立ち情報.com
イベント情報・花の見頃と開花状況・節約・転職・アルバイト・ダイエット・お土産等  お得情報発信サイトです。
花火大会

精霊流し花火大会2019は台風や雨天時に中止・延期となる?

2019年8月15日(木)の20:00~20:40に第32回精霊流し花火大会2019が開催されます。

精霊流し花火大会は福岡県愛宕浜マリナタウン海浜公園で毎年行われる花火大会です。

1988年にお盆の精霊流しの行事の一環として始まったことがきっかけで、2019年でなんと32回目を迎えます。

合計約2000発の打ち上げ花火や、水中花火や連発花火などが打ち上がります。

前年は約8000人もの方が精霊流し花火大会を楽しまれていたそうです。

そんな福岡県で大人気の精霊流し花火大会ですが、あいにく本年2019年度は台風10号が接近しており、台風の上陸予想日と精霊流し花火大会2019の開催日が被ってしまっているのです。

台風10号が福岡県を通るのかはわかりませんが、少なくとも台風が接近している時は雨風が強くなっとしまうのではないでしょうか?

もし、開催日当日台風が来ていたり、台風によって雨天となっていたりした場合には精霊流し花火大会2019は中止となるのでしょうか?

精霊流し花火大会が延期になった場合は、いつ開催されるのかも確認して置きたいところですね。

それでは、今回は「精霊流し花火大会2019は台風や雨天時に中止・延期となる?」と題して、精霊流し花火大会2019が台風や雨天によって中止、または延期となるのかについて調べてみたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

精霊流し花火大会2019は台風や雨天時に中止・延期となる?

精霊流し花火大会2019は台風や雨天時に中止となってしまうのでしょうか?

確認してみたところ、精霊流し花火大会2019は小雨の場合は開催するということでした。

ただ、台風や雨天時のような悪天候の場合は中止となる可能性もありますが、延期となる可能性もあるようです。

ちなみに延期となってしまった場合の開催日ですが、現時点で2019年8月19日(月)に延期となることが決まっているとの情報が公式サイトにありました!

もし、開催日当日台風によって悪天候だったとしても延期となれば19日に夜空に花火が上がることを思うと、まずは一安心ですね!https://youtu.be/GxDKix5SYNM

精霊流し花火大会2019が台風雨天時でも開催するかはいつわかるか

精霊流し花火大会2019が開催されるか中止となるのか、若しくは延期となってしまうのかといった情報は残念ながら当日にならなければわかりません。

気になってしまう方もいらっしゃることだと思うのですが、こればかりは待つしかないので仕方がないですよね。

当日、精霊流し花火大会2019が台風や雨天の影響で開催されるか延期となるのかといったことは、開催日当日の15時に公式サイトで発表されるということです。

開催なのか延期となってしまうのか、万が一中止となてしまうのかといった情報は当日まで気になるところですが、開催日当日の15時になるまであいまいなままなので、当日はホームページで確認するようにしましょう!

精霊流し花火大会2019の公式サイトはこちら

精霊流し花火大会2019の基本情報

名称:第32回精霊流し花火大会

開催日:2019年8月15日

開催時間:20:00~20:40

※精霊流しの受付は18:00~21:00です。

打ち上げ数:約2000発

打ち上げ場所:愛宕浜マリナタウン海浜公園(福岡市地下鉄空港線姪浜駅から徒歩20分、西鉄バス能古渡船場より徒歩1分)

電車でのアクセス:地下鉄「姪浜駅」から徒歩15分

バスでのアクセス:西鉄バス「姪浜駅」から乗車「愛宕浜三丁目」下車

まとめ

今回は、「精霊流し花火大会2019は台風や雨天時に中止・延期となる?」と題してお送りいたしましたがいかがでしたでしょうか?

第32回精霊流し花火大会は毎年お盆に行われる福岡県を代表するイベントとの一つです。

たくさんの方が花火大会を楽しみにやってこられるのですが、台風10号が精霊流し花火大会2019にどのように影響を与えるのか、不安なところですね。

当日15時になるまで中止か開催か、若しくは後日に延期となってしまうのかわからず落ち着きませんが、当日は無事に開催されることを祈っておきましょう。

もし、延期となった場合は平日開催ですが、夜空に迫力のある花火がしっかりと打ちあがるので楽しみにしておきましょう!

それでは、今回は以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。