ディアナチュラのソイプロテインパウダーを食事に!美味しい飲み方は?

ディアナチュラのソイプロテインパウダーを食事に!美味しい飲み方は?

先日インボディ測定を行ってきました。

 

私が行ったインボディ測定ですが、身長体重はもちろん体内の水分量、筋肉量なども図ることができる、なかなか市販の体重計だけでは管理できない部分までわかるというものです。

 

1年に一回ほどのペースで、体内の脂肪量や筋力がどのくらいなのかというのをスポーツジムで測ってもらっているのですが、毎回筋肉量が平均以下なのです…。

 

私自身筋トレが好きではないので、続かず3日もたたないうちにやめてしまうので仕方がないこととはわかっているのですが、筋肉量が高いほど代謝も上がり、同じカロリー量を摂取しても代謝が高い分太りにくいといったメリットもあると聞いたので、少しでも筋力をつけたいなと思っているこの頃です。

 

ただ、よく歩くせいか太ももとふくらはぎの筋肉量は平均並みでした。

 

特に筋肉の足りていない箇所が腕と体幹で、太ももとふくらはぎ以外は平均以下という悲しい結果が出てしまいました。

 

しかも今回が初めてではなく、はじめにはかってもらった大学生の頃からです。

大学生の頃は今より10キログラム以上太っていたので、筋肉で重たかったのかなと思いたいところでしたが実際は脂肪量が多いだけでした。

 

そこで毎朝、アサヒ食品グループ株式会社の「ディアナチュラアクティブ ソイプロテイン ソイミルク 360g」を朝ごはんにと入りれることにしました。

 

味は「ソイミルク」です。気になる効果は、まだ出ていませんが、「ディアナチュラクティブソイプロテイン」を取り入れるようになってからおなかがすいて耐えられないといった空腹感に襲われることが少なくなった気がします。

 

一日の3分の1のビタミンやミネラル、たんぱく質が摂れる優れた商品です。ダイエット中に不足しがちな栄養を補うこともできますね!

 

 

おすすめの飲み方について

おすすめの飲み方は、袋の裏面に書いているのですが、せっかくなのでいろいろなものに入れてみました!

 

ソイプロテインパウダー×ミネラルウォーター

なんというか、あっさりと濃厚さのないテイストになります。

 

粉っぽさはしっかりまぜることですぐになくなりましたが、はじめに少量のお湯で溶かすとより早く混ざりました!!さっぱりしてとろみが少ないので飲みやすいです。

 

ただ、個人的にはもう少し濃厚でポタージュのような滑らかさが欲しいので、ミネラルウォーターと併せるなら違うものに入れたいと思いました。

 

さらっとした飲み心地が好きな方はミネラルウォーターを入れるのが良いと思います!

 

ソイプロテインパウダー×牛乳

無脂肪乳、低脂肪乳、普通の無調整牛乳それぞれに混ぜてみました。

 

ミネラルウォーターより濃厚な感じです。

個人的には無調整の牛乳と混ぜるのが、より濃厚になっておいしかったです。

 

牛乳と混ぜた後にレンジで500W2分加熱してもみましたが、あったかいポタージュのようでおいしかったです!

夜、寝る前のホットミルクの代わりに飲みたいお味でした。

 

ソイプロテインパウダー×豆乳

ソイ×豆乳で、一層大豆っぽさが増しました(笑)

 

大豆製品が好きでたまらない私個人的には結構はまりましたが、大豆が苦手な方は飲みずらいかもしれません。

 

調整豆乳、無調整豆乳どちらも試してみましたが、個人的には無調整豆乳のほうが合う気がしました。

 

ソイプロテインパウダー×ヨーグルト

酸味のあるヨーグルトと、滑らかで酸味の少ないヨーグルトそれぞれに混ぜてみました。

 

酸味のあるヨーグルトとの相性はいまいちでした。

 

ただ、酸味の少ないヨーグルトに混ぜると、ちょっとしたデザートのようになり、おいしくいただけました!

 

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

 

個人的には牛乳で混ぜたものがいちおしの飲み方ですが、牛乳や豆乳の分量を極端に少なく(粉と同量くらいまで)し、煉った粉状態で食べるのもおいしかったです。

 

どんな状態か文章ですとなかなか伝わりにくいですが、ココアを少量のお湯で煉るイメージをしていただいて、まだ液体とは言えない、といった状態です!(わかりにくくてすみません…。)

 

他にも混ぜてみておいしい組み合わせはたくさんあると思うので、ぜひ見つけてみてくださいね。

 


ディアナチュラアクティブ ソイプロテイン ソイミルク 360g


アサヒグループ食品 ディアナチュラアクティブソイプロテイン ココア味 360g