サイズダウンしたい人必見!体重が減ってもスタイルが良くなるわけじゃない!

サイズダウンしたい人必見!体重が減ってもスタイルが良くなるわけじゃない!

体重を落とすことは難しいですが、サイズダウンはもっと難しくありませんか?

せっかく体重が減っても、着たいサイズの服が入らなかったなんてことはありませんか?

実は私は体重を減らすことはできたのですが、サイズダウンさせることができなくて、着たかったサイズの服が入らなくてあきらめたことがありました。

もともと肩幅が42cm程あり、骨格的にもよこっぴろい感じの体格なのですが、きゃしゃな体格にあこがれて下半身のサイズダウンを頑張っていた時期がありました。

特にウエスト60cmきることをサイズダウンの目標としていたのですが、目標としていた数字まで届かなくって結局諦めてしまいました。

モデルの方のウエストが58cmとよく聞いていたのでウエスト58cmになりたいと思ったこともありましたが、そもそも自分は60cm切ることができないという課題にぶつかってしまいました。

最も軽かった時でもウエストは61cmくらいありましたが、あと少しで60cmきるというところで断念してしまいました!笑

その時、体重を減らすこととサイズダウンすることは違うんだなと痛感しました

それでも着たい洋服をあきらめたくないし、何か良い方法はないかな?と思ったのでいろいろ調べてみました。

スポンサーリンク

ウエストのサイズダウン

おなか周りに脂肪がたくさんついて、ダボっとしているのは嫌ですよね。

ウエストのサイズダウンはそう簡単にはいかないもの。

太る時はおなかから太ってしまうという方も多いですよね。

ウエストを細くするにはどうすればよいか調べたところ、いくつか方法がありました!

姿勢をよくする

以外にも姿勢はサイズダウンに大切です。

私が参考にした本の中には、骨盤周りの骨がゆがむと、おなか周りに脂肪がつきやすいと書いているものもありました。

姿勢が悪いと見た目も暗い印象を与えて悪くなってしまいますし、姿勢が悪いことのメリットって、むしろなさそうですよね…。

背筋をしっかり伸ばすことは、ウエストのサイズダウンにつながるようです。

腹筋を鍛える

筋肉が増えるとむしろ膨らんで、サイズが増えてしまうんじゃないの?と思いがちですが、実は引き締まるんだそうです!

確かにモデルさんもトレーニングをされて、体幹を鍛えられている方はたくさんいらっしゃいますよね!

トレーニングは長続きさせることが難しいですが、いったん習慣にしてしまえばなんとなくできそうな気がしますね。

スポンサーリンク

腰をひねる

これは、私がよくやっていることです。

腰を右と左にひねると、ぱきぱきと関節の音が鳴りますよね。

この音が鳴るくらいまで右に、左にと1日に何回かひねる習慣をつけているのですが、そのおかげか腰をひねらなかった頃と比べるとウエストは2センチほど減りました。

スポンサーリンク

腰から下のサイズダウン

せっかくウエストが細くなっても腰から下のサイズが変わらなければ、今度は腰回りが洋服を着たときに余ってしまいます。

難しいですが、バランスよくサイズダウンしたいですよね…。

下半身のサイズダウンについても調べてみました。

こちらもサイズダウンの方法がいくつかありました。

余分な筋肉をつけない

よく、ダイエットをするときにハイヒールをやめたほうが良いといった話を聞きますよね。

これは、ヒールの高い靴を履くことによって、足に筋肉がついてしまって太くなってしまうからだそうです。

特に、ヒールを履くと太ももの前に筋肉が付きやすくなります。

おしゃれに使いたいハイヒールですが、太ももに筋肉ががっちりついているといった方は、

かかとの高い靴を控えたほうが良いかもません。

むくまないようにする

むくむとその分太って見えるし、メジャーで測ってみると周囲も増えていますよね。

むくみは私自身、たびたび経験しましたし今でも飲み会の翌日は顔がむくんでいます。

太って見えないようにするためにも、むくまないようにすることは大事だと思います!!

私が飲食店勤務時に、出勤前は何ともなかった靴が、帰るころにはきつくなっていたということがよくありました。

むくみは、むくまないような靴下や着圧ソックスを履いてみたり、塩分を控えてみたりすることで予防できます

また、むくんでしまってもしっかりお風呂でマッサージをすることで、ある程度むくみをとることもできますね。

下半身に限ったことではなく、顔もマッサージやツボ押しでむくみを解消することができます。

お酒を飲みすぎた翌日顔がぱんぱんになっているのは、むくみが原因であることが多いので

顎下から耳にかけてマッサージするのがおすすめです。

スポンサーリンク

最後に

正直、広い肩幅を狭くしたい…だとか、骨盤をもっと小さくしたいといった悩みは、

接骨院や整体師の先生に何か方法はないか確認しないと解決は難しいと思います。

実際私も肩幅をもっと狭くしたいという悩みがあるのですが、こればかりは自分でどうすることもできません

がたいがよく見えないような服装を選んで、ごつくなりすぎないように気を付けています!

むくみや姿勢は、毎日の積み重ねや意識で改善できる事なので、

習慣にしてしまっていつの間にかサイズダウンできていたら嬉しいですよね

私もこつこつ、できることを続けてみようと思います。