お役立ち情報.com
イベント情報・花の見頃と開花状況・節約・転職・アルバイト・ダイエット・お土産等  お得情報発信サイトです。
糖質制限

サラヤ「低糖質ショコラ」の糖質量と味について

ロカボダイエットを始めてからというものの、糖質を気にしながらおやつを選んでいます。

ただ、糖質が高いものをすべて避けているわけではありません。

 

特にチョコレートが好きで、疲れた時についチョコレートを買ってしまうことがやめられません。

極力ダークチョコレートのような、カカオの量が多く、糖質が少ないものを選ぶようにしています。

それでもやっぱり甘いチョコレートが食べたい…。

そんな時に私が愛用しているチョコレートを今回はご紹介します。

スポンサーリンク

「低糖質ショコラ」

名前の通り糖質が抑えられているチョコレートです。

味は全部で、「ビター」、「ホワイト」、「ミルク」の3種類が販売されています。

コンビニでは見たことがないので取り扱いはないのかもしれませんが、スーパーのお菓子コーナーやドラッグストアで手に入るチョコレートです。

スポンサーリンク

糖質量について

それぞれ一袋食べきっても、糖質量は「ホワイト」が6.8g、「ビター」が4.7g、「ミルク」が5.9gなので、糖質を控えている方でも安心して食べられます。

本当にチョコレート?と思ってしまうほど糖質が少なめです。

そもそもどうしてこれほど糖質が控えめなのでしょうか。

それは砂糖の代わりに「ラカント」を使っているからです。

 

「ラカント」とは、「羅漢果」の高純度エキスと「エリスリトール」の2つの天然材料で作られた甘味料のことで、カロリーゼロであることが特徴です。

そのため、糖質量をこれほど抑えることができるんですね。

低糖質ショコラには人工甘味料も使われていないので、糖質以外の成分も気になる!なんて方も安心して食べられますね!

スポンサーリンク

それぞれ実食!食べてみた感想

どの味も小さな一口サイズで30粒以上入っていました。

手にくっつかないので、外でも食べやすいです。

ホワイト

まずはホワイトからご紹介します。

ホワイトは、本当に砂糖を使っていないの?って思うほど、しっかり甘みがあってホワイトチョコレートの味がしました!

正直、砂糖不使用とは思えないほど甘いです

初めて食べたときに、あまりにおいしくて一気に一袋食べきってしまいまったことを覚えています。

食べきっても糖質量6.8gと少なめなので、お菓子を食べきってしまった…という罪悪感がないですね。

ビター

もう一つの味、「ビター」は糖質4.7gとかなり控えめで、カカオ77パーセントのようなので苦みがしっかり感じられました。

こちらは、ビターチョコレートなだけあって結構苦いです

苦めのチョコレートが好きな方ははまるかもしれません。

ただ、苦みだけではなく、ほのかに甘さも感じられるダークチョコレートでした。

といっても甘すぎず、どこか上品なカカオの苦みをしっかり感じられるチョコレートです。

甘いものは好きだけど、どちらかというと甘さは控えめが好きといった方にお勧めしたいです。

こちらも食べる手が止まらず、一袋一気に罪悪感なく食べきってしまったことを覚えています。(笑)

ミルク

私が低糖質ショコラを食べるまでは、「糖質の控えめなミルクチョコレート」と聞いて想像する味は、ミルクチョコレートにあるはずの甘みがない、さっぱりしたチョコレートでした。

ですが、この低糖質ショコラの「ミルク」はしっかり甘いミルクチョコレートだったのです!

正直、最初に食べたときは感動しました!

しっかり甘くて、しかも糖質の低いチョコレートを開発してくださった方にお礼を言いたいほどでした!(笑)

スポンサーリンク

最後に

糖質控えめでうれしいこちらの商品ですが、残念ながら私の地元のスーパーでは売っていませんでした。

要冷蔵でもないので、見かけたときに買っておいてストックして置きたいですね!

ホワイトとミルクは砂糖不使用とは思えないほど甘みがあり、ビターはしっかりカカオの苦みとコクのある商品でした。

どちらも人工甘味料不使用と体に優しく、チョコレートが好きだけど糖質が気になるという方にはおすすめしたい商品です。

糖質が控えめなチョコレートを楽しみたい方は、見かけたらぜひ手に取ってみてください!