お役立ち情報.com
イベント情報・花の見頃と開花状況・節約・転職・アルバイト・ダイエット・お土産等  お得情報発信サイトです。
転職

【転職理由・きっかけ】退職・転職しようと思ったときに考えたいこと

あなたは今の働き方、今自分がいる会社に満足していますか?

なにかしら不満がある方は、1度は転職をしたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

私も現在の仕事に就くまでは、今の会社より自分のやりたい仕事、希望に合った働き方ができる企業があるんじゃないかと思って、転職したいとずっと思っていました。

私の場合、新卒で入った企業を1年10か月で辞め、次に入った会社を1年と8か月で辞めています。

つまり、最初の会社を入社してからわずか3年ほどの間(第二新卒の間)に転職を2回経験していることになります。

今で3社目ですが、最初に入社した会社と次に入社した会社で、自ら環境を変えないと解決しない不満があったので、転職に踏み切ったということです。

 

今回はなんとなく転職したい、と思ったときに一度考えていただきたいことについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも転職したいと思ったきっかけは何なのか、振り返ってみる

何かしら理由があって、転職をしたいと思うようになったという方もいれば、ふと転職したいと思い始めた、気が付いたら転職したいと思っていた方もいると思います。

 

私は1社目の転職のきっかけは、働きすぎによるドクターストップがかかったからで、2社目の転職の場合は、将来的に地元関西へ帰りたい、手に職をつけたいと思ったからでした。

 

最初の転職の時は飲食店の店長業務をやっていたのですが、長すぎる労働時間と深夜勤務に耐えられず体調を崩してしまいました。

ドクターストップにかかり、店舗業務は難しいことを人事に相談し内勤へ移動したいと伝えたのですが、私に下された移動先は他の店舗でした。

「まだ移動先の店舗のほうが楽だから、しばらくは移動先で様子見てください」ということでした。

とにかくショックが大きかったことを覚えています。

場所が変わるだけで働き方は変わらないわけなので、結局自分の体調って良くならないかもしれないと思いました。

 

その後も変えてもらった勤務先で何度か体調を崩し、改めてこの会社は助けてくれないんだと思いました。

相談しても環境を変えてもらえなかった、だったら自分で働く環境を変えるしかない」と思い、転職へ踏み切りました。

 

2社目の転職の時は、職場の環境や仕事内容には一切不満はありませんでした。

仕事に行くのが嫌だな、と思ったこともなかったので恵まれていたと思います。

 

ただ、私には将来的に地元関西へ帰る可能性がありました。

会社の拠点が関東のみで今後関西への進出予定はないということだったので、将来のことを優先して転職しようと思いました。

地元に帰った時に手に職をつけていたら働き先も見つかりやすいかもしれないと思い、未経験ですがエンジニアとして転職をしました。

転職をしたいと思った理由は、転職をしなければ解決しないことか考えてみる

もし転職理由が、仕事は好きだけど環境が合わないというケースで考えましょう。

例えば全国展開している企業に努めている場合だったら、まずは他の拠点に移動できないかを相談してみてから転職をするか判断したほうが良いと思います。

転職理由が会社に申告すれば解決する場合は転職をしないほうが良いケースもありますし、逆に会社に相談しても解決しないような理由、会社に相談しても解決のために何もしてもらえなかったら転職を視野に入れてよいと思います。

 

転職活動に踏み切る前に、自分が転職したいと思った理由、思うようになった理由というのをしっかり振り返ってみてください。

まとめ

残念ながら、回数が多いということをプラスと考えてくれる企業はほぼなく、大抵の企業が転職理由が多いことをマイナスととらえます

 

そのため、転職先で自分に合わなかったらまた転職すればいいかな?という気持ちで転職に臨まず、慎重に勤務先を選ぶ必要があります。

 

何となく転職したいという気持ちで転職活動をするのではなく、本当に今、転職をしてよいのかをまずは振り返ってみてください。

 

勢いで転職してしまって、前の職場のほうが良かった、こんなはずじゃなかったと後悔しないためにも、時間をかけて転職する必要があるかを考えてみてください。

 

もしあなたが今、転職したいと思っていて、その理由が転職しなければ解決しないものだった場合は、転職活動を始めるための準備をしていきましょう。