花火大会

豊橋祇園祭2019花火は雨天時は開催?購入した桟敷席チケットは?

豊橋祇園祭は、吉田神社とその周辺で開催される夏のお祭りです。

豊橋祇園祭期間中は、たくさんの屋台が出展し、様々なイベントが開催されます。

中でも見ごたえのある大規模な花火は2日にわたり打ち上げられ、吉田神社境内で手筒花火が約300本、豊川河畔で打ち上げ花火が約12,000発も打ち上げられます

手筒花火は2019年7月19日に吉田神社境内で打ち上げられ、大花火大会は2019年7月20日に開催されます。

花火大会が始まるのは当日の午後7時以降ですが、日没前には昼花火も打ち上げられます

昼花火をみられる花火大会は、全国でもなかなか珍しいのではないでしょうか?

今回は、「豊橋祇園祭2019花火は雨天時は開催?購入した桟敷席チケットは?」と題して雨天時に開催されるのかということと、雨天時に購入した桟敷席チケットはどうなるのかについて調べてみたのでご紹介いたします。

豊橋祇園祭2019花火は雨天時は開催?

豊橋祇園祭2019の花火は雨天時は開催となるのでしょうか?

19日は雨天時は決行ですが、20日は小雨の場合決行、荒天の場合は21日に順延となりその後は悪天候の場合は中止となるようです。

せっかくの迫力のある花火なので、雨が降らず打ち上げられてほしいものです。

当日は雨とならず開催となることを祈りましょう!

豊橋祇園祭2019花火の購入した桟敷席チケットについて

豊橋祇園祭2019花火では、有料桟敷席に座ることができるチケットを事前に予約することができます。

このチケットを購入し当日雨となり中止となってしまったら、桟敷席チケットはどのようになるのでしょうか?

中止の際は購入した桟敷席協賛金の払い戻しはできないという噂もありましたので、0532-53-5528の豊橋祇園祭奉賛会に電話で確認されることをお勧めします。

豊橋祇園祭2019の基本情報

開催日程:2019年7月19日(金)~2019年7月21日(日)

お問い合わせ先:祇園祭奉賛会

0532-53-5528 

開催場所:吉田神社

徒歩でのアクセス:市電『市役所前』下車徒歩5分

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「豊橋祇園祭2019花火は雨天時は開催?購入した桟敷席チケットは?」ということでお送りいたしました。

豊橋祇園祭2019の開催時期は梅雨の時期だけあって、毎年大雨にならないか心配してしまうのも仕方のないことだと思います。

本年も場所によっては豊橋祇園祭が開催される時期も雨予報だったので、当日雨とならないか心配ですが開催となることを祈りましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。