お役立ち情報.com
イベント情報・花の見頃と開花状況・節約・転職・アルバイト・ダイエット・お土産等  お得情報発信サイトです。
アルバイト

アルバイト未経験者必見!面接に受かりやすいアルバイト求人とは?

アルバイト未経験者にとって初めてするアルバイトというのは慎重に選びたいものですよね。

 

しかし、アルバイトを一度も経験したことがない人が一番最初にぶつかる壁というのが、面接に通らないということではないでしょうか。

 

実は、私も大学生になるまでアルバイトをしたことがなく、大学入学と同時にアルバイト探しを始めたのですが、未経験ということで面接に落とされ続けていました

 

初めてのアルバイト先が見つかったのは、アルバイトを探し始めてから3か月後でした。

 

当時、アルバイトの探し方にも効率が悪かったこともあるかと思うのですが、アルバイトがしたいと思い始めてから面接に受かるまでにずいぶんと時間がかかってしまいました。

 

あまりにも面接に落とされ続けていたため、精神的にもショックが大きく、ダメージを受けていたことは今でも覚えています。

 

社会人になってから、いろんな職種の採用をやっている方々と話す機会があり、未経験者でも通過しやすい求人があるということを教えていただきました。

 

今回は、アルバイト未経験者が面接で落とされやすい理由と、未経験でも受かりやすい求人についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アルバイト未経験者が面接で落とされやすい理由について

私が社会人になり、アルバイト採用をする立場になってわかったことですが、未経験者を採用するには経験者を採用する以上に研修にかける時間が必要となります。

 

アルバイトや、何か仕事をしたことがある経験者を採用した場合、その環境で必要な知識やマニュアルを研修を通して落とし込んでいくだけですが、一度も仕事をしたことがない人を雇った場合、経験者に教えること以外に、マナーや敬語、電話対応の方法、働く心構えなども教えなければなりません

 

つまり、経験者を採用した場合と比べると、未経験者を採用する場合は教育するための時間も長めに考えて採用しなければならないのです

 

さらに研修をするのは自分一人ではなく、他のメンバーであることも多い為、時間も人も余裕がないと未経験を採用することは難しいのです。

 

なので、アルバイト経験者と比べると、未経験者は時間とお金のコストがかかる為、採用されにくいのです

 

ちなみに、「全くアルバイトをしたことがない場合でも、うちで研修するから歓迎するよ。」という場合は、「未経験者歓迎」と求人にも書いてあります。

 

求人票に「未経験者歓迎」と書いていない場合は経験者が優遇されるケースが大抵なので、面接で受かる可能性は低いと考えておいたほうが良いです。

アルバイト未経験者でも面接に受かりやすい求人とは

だったら、アルバイト未経験者は一生アルバイトができないのかと言いたくなりますが、全くそんなことはありません。

 

一度も働いたことがなくても、通りやすい求人というのがあります。

 

「未経験者歓迎」と求人に書いていなくても面接に通りやすい求人というのは、次のような求人です。

オープニングメンバー募集

まず、初めの「オープニングメンバー募集」についてですが、なぜ受かりやすいかというと面接で合格させる人数自体が多いからです。

 

飲食店の場合、10名程度から多いところで50名募集をします。

 

オープニングではない求人は、人が不足している時、もうすぐ人が辞めることが分かっている時に求人広告を出すのですが、オープニングの場合は研修時期も考えて、オープンする2週間ほど前にはメンバーをそろえておくことが必要です。

 

研修も一斉に複数人で行うため、未経験者が一人二人いるくらいなんともありません。

 

もちろん、必要としている人数をはるかに超えて応募があった場合は面接に受かりにくくなりますが、「オープニングメンバー募集」と求人に書いてあったら未経験者でも面接に通りやすいと考えて良いでしょう。

登録制のアルバイト

「登録制のアルバイトって何?」という方は、派遣社員のような働き方をイメージするとわかりやすいと思います。

 

ある企業に、仕事があったら紹介してくださいねって登録をしておいて、仕事の依頼がきたらその仕事に行くというものです。

 

もちろん、毎回同じ場所や時間の仕事を紹介される場合もありますが、毎回場所や時間が異なる場合もあります。

 

この登録制のアルバイトというのは、面接はあるものの一般的な合否をきめるような面接とは少し違います。

 

「登録説明会」という名前で開催している所が多く、この「登録説明会」が面接に該当します

 

ただ、登録説明会では企業が指定している条件に合致していればそのまま登録できるというケースがほとんどです。

 

アルバイトをしたことがない方でも登録さえしてしまえば働き始めることが出来る為、面接のある一般的なアルバイトと比べるとハードルが低くなっています

 

登録制のアルバイトでは登録先の企業に登録はしますが、働く場所は登録先とは異なる全く別の場所です。

 

例えば、ドーム会場でのイベントで働く登録制のアルバイトでは、登録先の企業とイベントが行われる会場は異なりますよね。

 

働き先で失礼やトラブルがないように、登録先の企業では研修がしっかり行われます。研修が手厚いおかげで、アルバイトをしたことがない方でも働きやすくなっています。

 

登録制のアルバイトで何か一つでもアルバイトをすれば「アルバイト未経験」という肩書は外れるので、早く「アルバイト未経験」の状態から「経験者」になりたいという方は、登録してみることをお勧めします。

最後に

アルバイトの経験がないと、未経験だからといった理由で面接で落とされてしまう場合があります。

 

しかし、一度でも短期でも何かアルバイトをすれば「未経験」ではなくなります

 

履歴書の職歴を書く欄にだって、アルバイトをした企業名を書くことができるようになり、面接でも経験があるとプラスの評価になります。

 

もし、面接に通らなくて悩んでいるようでしたら、オープニングスタッフや登録制のアルバイトで経験を積んでみてはいかがでしょうか?