お役立ち情報.com
イベント情報・花の見頃と開花状況・節約・転職・アルバイト・ダイエット・お土産等  お得情報発信サイトです。
アルバイト

夜勤バイトには向き不向きがある?チェックしたい生活習慣・性格とは

あなたは、夜勤のお仕事をやってみたことはありますか?

夜勤のお仕事は、24時間営業のコンビニや飲食店、工場での製造作業が多いですよね。

 

夜勤のアルバイトは、昼の時間帯の仕事と比べると時給が高いので、少しでも多くのお給料が欲しいと思っている方には魅力的なお仕事ですよね。

 

ちなみに私は飲食店に勤務をしていたころ、2日間連続で夜勤を経験したことがありました。

 

たった2日間しか連続で夜勤をしなかったのですが、経験したことがないくらいの疲労感に見舞われました!

 

そして、「もう自分には無理!二度と夜勤はやりたくない!!」と思いました(笑)

 

というのも、私は朝と日中に眠ることができない体質で、夜起きておく代わりに昼間に眠ることができなかったからです。また、昔から夜更かしが苦手で、早い時間から眠たくなるので徹夜もしたことがなかったのです。

 

そんなわけで、実際夜勤をやってみてすぐに自分には夜勤は向いていないとわかりました。

 

自分は体力があるから、少しでも時給の高い夜勤のアルバイトがしたいと考えている方もいらっしゃると思います。

 

ただ、普通なら寝ているはずの時間帯に起きて仕事をするということは、問題なくできる人としんどくてできない人がいます。

 

今回は、夜勤を始める前に確認したい夜勤に向いている人と向いていない人についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

夜勤バイトは向き・不向きがある

昼夜逆転の生活というのは、できる人とできない人がいます。

つまり、向き・不向きがはっきり分かれます

 

あなたは、徹夜をしたことはありますか?徹夜をして、翌日の昼しっかりと眠れてその次の夜もまた起きておくといった生活を続けることはできますか?

 

もし、何日か夜中に活動してみて支障がないようでしたら夜勤も支障はなく行えるかもしれません。

 

ですが、昼夜逆転の生活を何日かしてみてしんどい、これは続けられないと感じるようでしたら夜勤はやめておいたほうが良いです。

 

私の職場の人で、夜勤を始めてから1週間ほどでストレスが溜まってアトピーが酷くなってしまったという方もいました。

 

その方は、夜勤を辞めて再び昼間の勤務に変えてからアトピーは引いたそうで、今も日勤で勤務しています。

 

自分ができると思っていても、昼夜逆転の生活というのは意志だけではできるものではない、なかなか難しいものです。

体を壊してしまっては元も子もありません。

 

「夜勤はできそうにないかも」と思ったら、無理をせず思い切ってやめておきましょう

スポンサーリンク

夜勤バイトの向き不向きをチェックする方法

それでは、自分は夜勤ができるかどうかはどのようにチェックしたら良いのでしょうか?

 

夜勤が向いているかどうかは、まず初めに自分の性格と生活習慣を知るところから始める必要があります

 

普段自分は夜更かしをしていることが多いか、それとも早寝早起き型かといった部分も良い判断基準となります。

 

それでは、夜勤に向いている人と向いていない人の特徴を見ていってみましょう。

夜勤バイトが向いている人の生活習慣・性格

ちなみにどんなかただったら夜勤に向いているのかというと、次のような方が挙げられます。

  • 普段から夜寝るのが遅く、夜型
  • 時々徹夜をする
  • 朝からでも昼からでも眠られる
  • どこでも眠られる
  • 夜中に出歩くことにストレスを感じない
  • 昼夜逆転の生活を苦痛と思わない

このような傾向にある方は、夜勤のお仕事を始めてもそれほど苦痛には感じることはないでしょうし、慣れるのも早いと思います。

 

もし、自分が当てはまっている場合は夜勤のアルバイトも視野に入れて良いかもしれません。

夜勤バイトが向いていない人の生活習慣・性格

続いて、夜勤には向いていないタイプの方は次のような生活習慣・特徴を持った方です。

  • 朝は7時までに目が覚めることが多く、朝が得意
  • 二度寝ができない
  • 日中は目をつぶっても眠ることができない
  • 夜は12時までには寝てしまう
  • 徹夜をすると、日中がつらくてたまらない
  • 人が多い日中に活動したい
  • 友人と昼に遊びたい

これらの項目に一つでも当てはまる場合は、無理せず夜勤を辞めておいた方が良いです。

 

夜に寝ない分他の時間帯でしっかりと眠らないと、眠くてたまらないだけではなく、ストレスも強く感じてしまう可能性もあります

 

また、多くの人が活動する日中に夜勤の為に休まないとならないのかと思うと、それだけでもストレスを感じてしまいます。

 

私が採用した方の中には、最初は夜勤に耐えられたものの友人と昼に遊べなくなってしまったことがストレスとなって仕事を辞めてしまった方もいらっしゃいました。

 

もし、勤務期間が短い夜勤の場合はこれらの特徴に当てはまっていても続けられるかもしれませんが、長期のお仕事となると続けられてもストレスと戦い続けることになります。

 

自分の生活習慣・性格に当てはまっていたという場合は、無理せず日中の勤務を考えましょう。

スポンサーリンク

最後に

今回は、夜勤に向いている人と向いていない人をご紹介しました。

 

実際、夜勤なんて慣れればできるんじゃないのかな……?なんて思いがちですが、体内時計をコントロールするのは思った以上に難しく、できる人とできない人がいます

 

実際に夜勤の求人に応募をしてきて、1週間もたたないうちに昼の勤務に変えてほしいと相談に来られたケースもありました。

 

その方いわく、求人応募時は夜勤でもできると思われたそうなのですが、実際にやってみると眠たくて頭も回らなく、体がしんどくてたまらなかったのだそうです。

 

夜勤は向いていないまま継続すると、精神的にも身体的にも負担のかかる勤務形態です。

 

いくら時給が高くて魅力的に感じたとしても自分には夜勤はできそうにないと思ったら、無理をせずに日中のお仕事に応募するようにしてくださいね。