お土産

山梨のおすすめのお土産・お菓子3選

東京から車でも電車でもアクセスしやすい山梨には、関東に住んでいる方なら何度か行ったことがあるのではないでしょうか?

私は埼玉に住んでいますが、山梨には2回観光に行ったことがあります。

しかも2回とも、富士急ハイランドの近くで、駅で言うと富士山駅近辺です。

あの辺りは1回行くと、また行きたいと思えるほど素敵な場所なんですよね。

しかも山梨には観光スポットが多いので、一日や二日ではゆっくり見てまわることは正直難しいです。

そんなわけで2回観光に行ったのですが、お土産に買って帰ったお菓子の中で次も買ってきてほしいと言われたものが3つあります。

今回は山梨のお土産の中でも特に喜ばれたお土産3つをご紹介したいと思います。

定番だけど外さない桔梗屋の信玄餅シリーズ

山梨と言ったらこれ!!というほど定番ですが、関西の方はもちろん関東の方にも次のお土産にリクエストされたのが、「桔梗屋」の信玄餅シリーズです。

特にお土産の中で好評だったのが、「桔梗信玄生プリン」と「桔梗信玄ビスキュイ」です。

 

桔梗信玄生プリンは、信玄餅の味と抹茶味の茶プリンの2種類があります。

どちらも食べたことがあるのですが、やっぱり山梨のお土産となると、信玄餅味を渡した方が喜ばれると思います。

 

もちろん、茶プリンもただの抹茶味がするプリンと思って食べてはもったいないです。

あまりの美味しさにもう一つ食べたくなるくらい美味しいのですが、山梨土産には定番の桔梗信玄生プリンをおすすめします!

 

ただ、どちらも賞味期限が約5日で短いので、すぐ会える方でないと渡すことができないのがデメリットです。

 

要冷蔵で持ち歩き時間も限られてしまうので、今回は渡せそうにないかな?と思ったら他のシリーズを買うことをお勧めします。

テレビでも取り上げられたほど美味しい!丸いお菓子のくろ玉とキャラ玉

真っ黒な見た目のくろ玉と、お味違いのキャラ玉はご存知でしょうか。

くろ玉は、青えんどうでできたうぐいす餡に黒羊羹がかかったまあるいお菓子で、

実は信玄餅よりも歴史のある昔からあるお菓子なんです。

山梨のお土産で信玄餅の次に有名なのではないでしょうか。

ちなみにキャラ玉は、さつまいもでできた芋餡にバニラビーンズ入りのキャラメル餡がかかった甘いお菓子です。

和と洋がコラボしたコーヒーにも紅茶にも合うお菓子です。

どちらも甘ったるいのかと思いきや、それぞれえんどう豆とさつまいもの素材の甘さが引き立った大人向けのお菓子です。

1枚1枚手作りのフジヤマクッキー

山梨に行くと富士山の形をしたお菓子や、富士山のイラストが入ったお菓子がたくさん売っているのですが、中でもおすすめなのが「フジヤマクッキー」です。

富士山の形をした大きめのクッキーで、なんといっても見た目がかわいいんですよね。

 

基本のフレーバーはバニラ、ショコラ、ストロベリー、抹茶、紅茶の5種類です。

基本フレーバー以外に、時々季節限定のフレーバーも売っています。

 

しっとりほろほろとした食感で、素朴かつ優しい味わいのフジヤマクッキーには、

驚いたことに卵が使われていないのです。

しかも工場で人工的に生産されているわけではなく、1枚1枚手作りなんです。

山梨土産として渡した方からは、他の味も食べたいから今度買ってきて!と

リピートされました。

実際私もバニラと抹茶と、季節限定の金時さつまいもフレーバーを食べたのですが、

全種類食べてみたいと思うほどはまってしまいました。

最後に

いかがでしたでしょうか。

もう一度買ってきてほしい!とリピートされた程評判の良かった山梨土産のご紹介でした。

梨には今回ご紹介したお土産以外にも素敵なお菓子がいっぱいあるので、買えそうなお土産がないと悩むことはありません。

むしろおいしそうなものが多すぎて、迷ってしまうと思うんですよね。

 

山梨土産に何を買おうか迷ってしまっている方は、ぜひご紹介したお菓子を買ってみてくださいね。