上板橋・東武練馬の銭湯「湯~ハウス」の料金・特徴について

NO IMAGE

東武東上線・上板橋駅から徒歩5分程歩いた所に、小さいながらも様々な種類のお風呂が楽しめる銭湯があります。

受付の方の対応が良くて、私のお気に入りの銭湯の一つです。

今回はそんな銭湯、「湯~ハウス」についてご紹介します。

スポンサーリンク

「湯~ハウス」の特徴について

湯~ハウスの他の銭湯との違いとして挙げられることは、週替わりの銭湯があることです。湯~ハウスではシルキーバスと炭酸泉が楽しめるのですが、この2つの銭湯は同じ日に楽しむことができません。

シルキーバスと炭酸泉は週替わりで、どちらかのお風呂のみ楽しむことができます

なので、どっちのお風呂にも同じ日につかりたいという方にはお勧めできません

ちなみにお風呂は毎週木曜日に交換されます。

どちらも温度は40℃未満なので、熱いお風呂が苦手な方でもゆったりすることができます。

スポンサーリンク

お風呂のラインナップ

エステ風呂、水風呂、バイブラバス、座湯、電気風呂、サウナ、露天風呂があり、ワンコイン銭湯としては種類が豊富です。

どの浴槽もそれほど広くはないのですが、比較的広いのは露天風呂です。

露天風呂はのびのびと足も手も延ばすことができます。

露天風呂は天井がしまっているので空は見えませんが、外の音はしっかりと聞こえます。

時々東武東上線を走る電車の音が、いい感じに響いていて癒されますよ。

スポンサーリンク

おすすめは「エステ風呂」と「有料サウナ」

数あるラインナップの中でもおすすめなのが「エステ風呂」です。

湯~ハウスのエステ風呂は、他の銭湯と比べるとジェットの勢いが強いです。

しっかり手すりに捕まっていないと、体制を崩してしまうほど勢いがあります。

この勢いを凝っている所にあてると、お風呂上りにコリがほぐれていることが多いのでコリのひどい方には是非エステ風呂を試してくださいね。

追加料金を払って入ることができる「有料サウナ」は、綺麗な上に落ち着いた音楽が流れているのでゆったりすることができます。

それほど広くはないのですが、心身の疲れがとれる環境だと思います。

スポンサーリンク

料金・有料の「貸しロッカー」について

湯~ハウスの入浴料金は450円とお手ごろな価格です。

また、湯~ハウスでは1ヶ月300円でロッカーをレンタルすることができます。

毎回お風呂セット一式を持っていくのが面倒だなと感じる方は、貸しロッカーを借られることをお勧めします。

ちなみに貸しロッカーの数はそれほど多くはなく、時期によっては使用率が高いので、事前に電話で空き状況を確認してみてくださいね。

ちなみに、ボディーソープとリンスインシャンプーは備え付けの物があるので、ロッカーを借りてタオルだけ何枚か入れておくと手ぶらでも行けてしまいますよ。

スポンサーリンク

固定電話の調子が悪い?電話がつながらないときもある

初めて湯~ハウスを利用する前に、電話でその日の週替わり風呂はシルキーバスか炭酸泉かどちらか問い合わせをしようと思ったのですが、電話をかけると、電話の故障が考えられるといったアナウンスが流れました。

受付の方に教えてもらったのですが、電話の調子が悪くてつながらないときがあるようです。(毎回つながらないというわけではありません。)

問い合わせができないのは不便ですが、そのうち電話が改善されるかもしれないので繋がるようになることを期待して待っておきましょう。

スポンサーリンク

最後に

湯~ハウスで一つ惜しいことが、シルキーバスと炭酸泉の浴槽が狭すぎることす。

どのくらいの狭さかというと、4人入ると足を伸ばせなくなってしまう程の狭さです。

足を延ばして入浴したい方は、混んでいない曜日や時間をねらうしかありません。

湯~ハウスはリニューアルされて綺麗なのですが、昔ながらの銭湯といった雰囲気も残っているのでどこか懐かしい雰囲気に時間を忘れて癒される事ができます。

17時~閉館までは比較的混んでいるので、混雑を避けたい場合は夕方前に行ってみてくださいね。